関東クリスピャンの集い
〜スイートピーな春! OKADA関西支部長を迎えて〜

2002/4/6


JR川崎駅
01:15p.m


 
前回の時に二十分の遅刻をした僕は今度は余裕を持ってきていた。と言うか勘違いをしていた。
 『集合は川崎駅改札口右側にPM1:40』だったのだか会場であるカラオケ館川崎店にだと思いこんでいた。だから探すのもあり早くについたが前回ご一緒させていただいたみちるさんファミリーやにゃにゃさんファミリーも見えてない。
 お子さんの体調の関係でZackさんは不参加。後は初対面の相手のみである。知った顔がない。
 不安になった僕はうろちょろしたあげく今回の幹事の涼さんにも電話をしてしまった。
 ところでこれも勘違いだったが実はずっと「りょう」さんと思っていた。が…電話をしたら可愛らしい声が。「すずか」さんだったのか。この時点ではまだ彼女も到着しておらず移動中。ひたすらに待つ。

 01:40p.m。まだ知った顔がいない。いい加減にあせり出す。そのとき電話が鳴る。涼さんだ。が取り出した時点で切れた。傍らの女性が『茂木さんですか?』と。連絡をとろうと電話したら近くの男があまりに絶妙なタイミングで取ったから声をかけたのだろう。
互いに顔を知らないからといえどすぐ側でずっと待っていたとは…涼さんと挨拶を交わす。

 その後で涼さんがOKADAさんを見つけた。今回の参加目的はこのOKADAさんにあった。彼女は良くウチの
特撮掲示板に書き込みをしてくれている。一度直接お礼を言いたかったしそっち方面(笑)の話もしてみたかった。お二方に『例の名刺』を渡す。
 OKADAさんには大受けだった。

 その後で富士郎さん。そして水速日海(みすみひうみ)さんとも合流。ひうみさんは逆にハンドルと絵柄のイメージから女性かと思っていた。もっとも繊細そうな方でしたが。

 すでににゃにゃさんファミリー。みちるさんファミリーが遅れるとの連絡がありこの時点で全員集合。移動となる。


カラオケ館川崎店
01:55p.m


 僕だけが勘違いをしているわけではなかった。涼さんは僕が川崎をテリトリーにしていると思ってしまったらしい。前回のときにカラオケ館の会員証を出したからだがカラオケ館は関東ローカルといえどチェーン店。近所にもあるのである。
 
だが結局僕が先導役であった(笑) まさに前回行った店だったから。

 トータルで大人だけで10人だけに(栗坊は勘定に入らなかったがあっくんはカウントされていた)広い部屋が用意されたのだが僕はちょっと苦い顔。この長方形の部屋はけっこうハウリングをおこしてくれるのだ。不安だったがまずはオフ会本来の目的である親睦である。はじめに記念写真から入る。


サムズアップはお約束↑


涼さんからいただいた写真です。
(大きくなります)

 

 いろいろと挨拶を交わす。注文もするのだが後からくることも考える。

 2時過ぎににゃにゃさんファミリーがご到着。にゃにゃさんは
強化スーツを身にまとっていた(笑)…イヤ。花粉症を笑っちゃいかん。この日はかなりいい天気だったので花粉も飛びまくっていたかも。

 ドリンクの注文をした後で富士郎さんににゃにゃさんのページの切り番ゲット記念でケーキが。アットホームでいいなぁ。だがその後でヤキソバを持ち出したので一言。
 「たいていのカラオケボックスでは持ちこみは禁止されているので気をつけた方がいいですよ」
 実はちょうど空になった皿にヤキソバを盛り付けようとしたときに店員がドリンクを持ってきたのだ。間一髪移し終えたので注文した品のように見えただろう(笑)

←OKADAさん&にゃにゃさんファミリー


 2時30分ごろみちるさんファミリーご到着。OKADAさんとの旧交を暖め会う。これでくる予定の人物はみんな来た。



クリックすると大きい写真になります↑


 今回の会場のセッティングはOKADAさんがカラオケ好きと言うことからであった。だが1時間近くたとうというのにまだ誰も歌わない。誰かが口火を切る必要がある。
ならば僕がやるしかあるまい(笑)
 例によって本も見ずに(Hyper Joy限定の話ですが)『仮面ライダーAGITO』入力…だがマイクが手元になく歌い直し。
まずは翔一の変身シーン。そして間奏で今回の小道具が炸裂。

←小道具その1

 
とたんに目をらんらんと輝かせる栗坊。とりあえずOKADAさんや富士郎さんに受けは取れた。歌の終わりにはギルスの雄たけびも。見せるだけもなんだからちょっと栗坊に貸してあげたがトリガー引きっぱなし。ああっ4秒でマガジン空になるんだから(秒間三十発。マガジンの装弾数120…劇中の設定)みちるダーさんが
 
『これってプレゼントですか?』と。
 
『七千円もしたので勘弁してください』と僕。こうなるとわかっていたから持ってくるのやめようかなと思ったけどOKADAさんに受けたし『見たかったんやぁ』という話なのでまぁ良し…その後しまいこんだバッグをめぐる攻防戦になったが(笑) それにおもちゃ屋にはもうないはずだから駄々をこねられることもないだろうと判断してだった。でももう持ってこない。
 惜しかったのはZackさんがX4で来ていたらその後部にこれをくくりつけて
『ガードチェイサー』と主張するつもりだったが…

ガトリングモード展開。ご満悦の栗坊→


 と…くればOKADAさんである。ご丁寧に
アドベントカード持参で『Alive a Live』である
 実は前日…その選曲を見越して
『カードデッキ』も求めたのだがアキハバラデパートにはドラグバイザー(ひょっとしたら大人でも使えるかもと言うサイズ)やマグナバイザー(けっこうでかい)などはあったがベルトはなかった。あれば変身ポーズのひとつも取ったのだがそれ以前にこの部屋には『映るもの』がなかった(笑)
 OKADAさんはいい声で歌い上げる。とりあえず間奏で『俺は人を守るために戦いたいんだよ』と真司のセリフは入れてみた。

←熱唱・OKADA女史

 その辺りだった思うがZackさんが電話で参加。ぐるっと回り最後に僕の所へ。とにかく電話できるだけの余裕はあると言うことらしいので安心してよさそうだ。

 栗坊が『バケツのお日さんつかまえた』を再び。その後だったかみちるダーさんが『鋼鉄ジーグの歌』を
 
またそんな体感温度が2℃は上がりそうなもの(笑)
 案の定OKADAさんと僕の二人に合いの手が。「ババンバン」と。そのせいかさすがに『コン・バトラーV』を歌う命知らずはいなかった。


デュエットというわけではない(笑)→


 やっとエンジンがかかってきたか他にも歌う人が出てきた。まずは富士郎さんが『初めてのチュウ』を。

←渋かったっス

 OKADAさんは「ハリケンジャー」の主題歌を歌おうとしたが索引本にない。あったのは知っていたがその部屋にあるのが古いのだ。この手の手抜きをするとこもけっこうあるので困る。念のためメルマガの新譜案内をプリントアウトしていたがそれより早かったらしくなかった。新しいものを持ってきてもらうように頼んでとりあえず『宇宙の王者ゴッドマーズ』を。

 結局索引本も持ってきてもらえずOKADAさんは歌えなかった。
 ところでその辺りの僕とOKADAさんのやり取りだがどうやらはたから見ると
二人とも『カラオケマニア』に見えたようである(笑) にゃにゃさんに恐れ入られていた。

 僕の小道具第二段はこれだった。今度はちらりと富士郎さん達に見せる。笑いはとれてる。

小道具第二段→

 もちろん歌は『仮面ライダークウガ!』。例に拠って例の如く2コーラス目の間奏部分でセリフを混ぜる。それは
 
『こんな奴等のためにこれ以上誰かの涙は見たくない。みんなに笑顔でいて欲しいんです。だから見ててください。俺のっ変身!!』と言うものだった。
 ちなみに#48バージョンもある。『俺よかったと思ってます』から始まるあの場面での変身。さらには#27でバダーと対峙した時のバージョンも(笑)
 もちろんまた栗坊が大変であった。だから歌が終わってからこうしてあげた。


写真提供・ひうみさん↑


 ひうみさんは「おジャ魔女どれみ どっか〜ん」の主題歌を。後ほど彼のサイトにもお邪魔させていただいたが「おジャ魔女」だらけだった。なるほど。

 みちるダーさんというより栗坊が歌っていたのが『闘将ダイモス』。何でその歳で知ってる?

 その向こうをはったわけではないが僕は『ゲッターロボ』を。ゲッターの画像つきなので盛り上がった。ちゃんと忘れず間奏では
「ゲッタァァァァァァァァァァァァビィィィィィィィムゥゥゥゥゥ」
の叫びをいれていた。
 『血管切れますよ』と誰かが言ったがなぁに。毎度のことよ(笑)

 円谷プロファンクラブ会員とお伺いしたOKADAさんは都内のロケ現場を回っていたらしい。円谷プロにも出向いたと聞く。その写真を見せていた。そしてこれまた凄い秘蔵品が『ウルトラマンティガ』の台本だった。大喜びのにゃにゃさん。勢い余って親子で
『TAKE ME HIGHER』を(笑)



 ならば答えねばなるまい…というわけでまたもや本も見ないで入力のこちらはED。「Brave Love TIGA」を。一度この人数でやってみたかったのである。

 残念ながら四時半ごろにゃにゃさんファミリーは所用のため離脱。お疲れさまでした。

 うーん。順番も曲目も覚えてないな。でも最後は今回の幹事。涼さんの『ヨーデル食べ放題』で締め。これはOKADAさんのリクエスト。


大役を終えて弾ける涼さん↑


 時間も来たのでカラオケ館をあとにする。少し手間取っていたので去りあえず先に降りて会計に挑むが…
うげ!? 24000円。そんなには今持ってない。涼さんが降りてくるのを待つことにした。



↑1次会のラストにみんなで記念写真
(大きくなります)


 こうして一次会終了。まだ早いからどこかに行こうとなったが別のオフ会が待つ涼さん。遠方の富士郎さんは残念ながら離脱。


『PEPPER LAND』
05:53p.m


 順序が逆だが前回のコースをたどる形になった。最初は『CLOSED』だったから「あれ? 土曜日休みかな?」と思ったが単にまだ直してなかっただけ。みちるさんファミリー。ひうみさん。OKADAさん。そして僕は店に入る。

 ここでも目の離せない栗坊である。まだGX―05を狙うならいいけど今度はガラスケースの中に目をつけた。
 
思いきり開けて店長さんを慌てさせていた。
 中身を壊されたらたまらんという以前に怪我が怖い。


みんなで記念写真(大きくなります)


 カクテルや水割りなどを飲みながら恋の話もあれば特撮話(笑)もあり。その会話を形容するのにOKADAさんの言葉を借りれば
 
『濃いわぁ〜』であろう。

 横浜に宿泊しているOKADAさんは九時には川崎を離れる必要がありその時間が来た。再会を約束して別れた。

 上野経由で帰るひうみさんと京浜東北線の中で楽しく会話しながら帰途につく。チャンスがあればぜひまた。今度はZackさんも交えてみんなであいたいものである。

2号館へ