C75サークル参加顛末記

新橋
2008/8/16

 この日はコミケの三日目。
 TS系サイトのオフ会でもあった。
 そして彼らの前に見せた一通の書類。
 それはコミックマーケット75参加申し込みセットだった。

自宅
2008/10/30

 この日はサイトで当落検索可能になる日。
 緊張しつつ検索すると当選を果たしていた。
 喜びよりまだ進んでなくて「これから大変だ」という思いが。

 二日ほど後にサークルチケットが届く。

板橋区・コーシン出版
2008/11/20

 13日に脱稿。見直して前日に入稿するも縮小する上では不都合な部分を指摘された。
 それを直したものを持ち込みこれで入稿完了。
 料金も既に支払済み。
 後は当日を待ちつつ色々と準備。

 そして…当日に

自宅
2008/12/30
06:52a.m

 構想ではもう少し早くでるつもりだったがこんな時間に。
 でも起床自体は四時半。前夜も早めだったので寝なおせず。
 きちんと朝食を摂り家をでる。
 途中のコンビニで昼食用のサンドイッチを購入。

 今回は助っ人がいなかった。
 そのため単独行で待ち合わせではなく気ままに出向いていた。

東京ビッグサイト西ホール
07:55a.m

 特に問題なく到着。
 自分のスペースを通り過ぎ(笑)nekomeさんのところに。
 nekomeさんがえ−06bで月夜眠さんがえ−07aとなり合わせ。
 セットアップ中を見越して挨拶に。
 それを済ましてから自分の配置「え−30b」に。
 スペースには……おお。前回同様に既に梱包された本が。

 「自分の本」とはここで初めてご対面というわけである。
 まずはこれまた前回同様にチラシの撤去から。
 直接搬入の印刷所が配布しているらしい。ほとんどがその類。
 本当は持ち帰る本を保護する目的で持ち込んだビニール袋にチラシを放り込んでいく。
 ただし後で暇つぶしに見ようかというつもりもあったが(笑)

 チラシをどけたら机の上にある椅子を下ろして開く。
 今回は一人なのでもう一つは不要。しまう場所を探すがとりあえず開いてカバンを置いておいた。
 まだ早いからそんなにいっぱいでもないからできる。

 テーブルクロスをしき、そこで初めて梱包を解く。
 二度目だがやはりいい。自分の本だ。

 発注は50部だが、どうも乱丁・落丁対策。
 あと推測だけど作業の都合でその方が都合がいいのか60部きていた。
 前回はそのあたりを知らないから何かの間違いかと思って慌てたが。

 とりあえず半分の30冊をテーブルの上に。
 それをさらに15冊ずつ。表紙と裏表紙をそれぞれ見せるように。


これは自分の側から撮影したもの
画像の左にある栞はこの本のために用意を。
イラストはTSとは無関係な「PLS」の槙原詩穂理というキャラで
「詩穂理のしおり」という駄洒落だった(笑)

 そうした後からまず一冊を抜き取る。
 とにかくビジュアル面でお世話になっている参太郎さんに進呈する分。
 もう一冊をとり、その表紙の裏側(2ページ目ということに)へ見本誌シールを貼る。提出用だ。
 さらにもう一冊とり、事前に買っていた透明のB6ブックカバーを取り付け、買う人が見るための見本誌に。

 これは最終的に僕の物に。

 スタッフが来て見本誌と参加カード提出。これがないと販売停止。
 さらにその場で軽く確認。たぶん過激な描写の「絵」の確認と思われる。
 文章オンリーなので問題なくOKで。
 これで後は時間を待つばかり。

 今回は三日目になったせいか助っ人が現れず。
 でもセットアップは一人で問題はなかった。時間は掛かったが。
 昼食はその場で食べることでクリア。事実そういう人は結構見かける。
 事前に用意したのは麦茶とカフェオレのペットボトル。
 前者は単純に喉を潤すため。後者は後半戦で糖分補給のため。
 だから昼食もカフェオレとの相性でサンドイッチ。
 のど飴まで買っていたがチョコレートを買い忘れた。

 しかし最大の懸念はトイレ。
 今回は寒い時期だけにそれが一番だった。
 その意味で一人だけいてほしかったのだが。

 幸いにしてすぐそばにトイレがあり、行きたくなったらお金だけは持って駆け込むというパターンで何とかなった。

 九時前には準備完了。
 暇つぶしと思ってワンセグ持って行ったのはいいが、ろくな番組が……。
 文庫を読んだりスマートフォンでネットして時間つぶしを。

 15分前。最後の準備。「ベルト」を着装(笑)
 C69では響鬼の装備帯。
 C71ではカブトゼクター。
 C74ではクウガのアークル(3万するやつ)をつけていたので。
 今回は「仮面ライダーキバ」から「イクサナックル」。
 ただし名護ではなく音也のイメージで。
 服装もシャツにネクタイ。ジャケットと80年代を意識して。

ビッグサイト西ホール
10:00a.m

 チャイムの音がなると拍手が沸き起こる。開会宣言である。
 それと同時に一旦しまっていたシャッターが開く。
 そしてスタッフに先導された一般参加者が四列で無数に。
 しばし唖然としてみていたサークルの面々。もちろん僕も。
 中にはケータイで撮っているものも。
 撮りたくなる気持ちもわかる気が。

 僕のところがえ−30b。だから両隣に当る30a。31aというサークルに「名刺」を。
「今日は一日よろしくお願いします」と。
 もともとそういう用途で作っていたもので、本来の役目を果たしていた。

 開始十五分くらいで最初の一冊が売れた。
 今回は時間ごとの売れ行きをチェックしていたが最初の一時間で六冊。いいペースだなと。
 それというのも今回は苦戦を予想していた。
 前回はみずきやつかさというなじみのあるキャラで52冊が出たけど、今回は新顔だけ。
 だから楽観視はしてなかった。
 20冊でたらいいだろうなと思っていたので、想定の三分の一が既に出たことになる。

 ちなみに二冊目が月夜眠さん。
 しおりを挟み忘れていたのでいたが、幸いにも通りかかってくれたので呼び止めて渡した。

 11時からは13冊出た。これにはビックリ。
 中には見本見ないで買う人も。あるいは二冊買う人も。
 思わず「見本見なくてもいいのですか?」と尋ねてしまった。
 冷静に考えればウチのサイトをよく見てくださっているからなのだろうが、この人たちの期待に添えたかどうかが不安。

 朝が軽かったのもあり11時半くらいにお腹が空いてきたが、だからといってあまり早く食べると持たなくなる。
 12時になって途絶えたのでサンドイッチを一つ……そのタイミングでお客さんがきた(笑)
 包装していた袋に戻して対応を。
 それが二回くらい(笑)

 また12時を迎えたところでホワイトボードのメッセージを書き換え。
 元々は席をはずした時のメッセージ用で持ってきたが、文章書きということで販促メッセージをアドリブで。
 二人くらいには受けていた(笑)
 大体一時間ごとに書き換え。

 事前に用意したのがつり銭の五百円玉。
 20部想定とはいえど余計に用意で30枚。
 ところがちょっと見誤っていた。コミケ常連の用意のよさを。
 皆さんちゃんと五百円硬貨で支払いを。
 もちろん千円札での人もいたけどバランスがいいというか。

 そもそも自分だって一般参加のときは小銭調達するし(笑)

 12時からも13冊。

 このあたりだったと思うけどnekomeさんが。
 トイレだけはやむなく抜けていくものの買い物は不可能ででむけなかった。近いのに。
 ここで互いの新刊交換となって(でもこっちの方が二百円安いから悪い気が)
 もう少しあとではもっといけそうにない東エリアにいるこうけいさんがおいでに。

 それからひどく緊張していた帽子の青年が。
 前回に覚えがあり「むつきさん?」と尋ねたら驚かれた。
「覚えていてくれたんですか?」と。
 確かに前回あったのはC70の時。二年半が経過している。そう思われても無理はない。
 しかしあの時、わざわざ僕のために来てくれたという感動。
 これはいくらとり頭でも忘れない。

 13時からでややだれてくる。
 C70の時は話し相手もいたし、尋ねてきてくれる知り合いもいたんだけど。

 ペースもやや落ちてきた。
 13時からは9冊。14時からは5冊。
 そろそろ引き上げてもいるようだし。

 15:30くらいにおーくさんが。
 さすがに少し長めに話しこむ。
 実はおーくさんが最後に買ってくれた人。
 49冊目を手にしてくれた人で。

 オフ会の幹事でもあり先に離脱に。

 半には既に「ベルト」をしまっていた。
 これが一番かさばって手間だし。
 この45分の時点ではそろそろ客足も減り(15:00〜16:00は三冊)撤収を考え出す。
 ホワイトボード。それを吊っていたものを片す。
 それから看板を吊っていたものをやはり片付ける。そしてテーブルクロスも。
 それでも本だけはぎりぎりまで出しておく。
 しかし五分前にはさすがに残った八冊もビニール袋で包んでカバンに。
 カートを持ってきたのは丸々持ち帰ることを想定してであったが、カバンに突っ込める量でよかった。

 16:00.チャイムが鳴りふたたび拍手。今度は閉会のそれ。
 トラブルはなく、そして予想以上に買ってもらえて大満足。

 三日目ということで撤収に協力。
 せめて自分の一日使っていた椅子と机(机は共同だが)だけでも。

 自分のところととなりの分を片付けて移動開始。
 何しろ荷物から目を離して作業の必要もあるのであまり長時間は出来ない。
 16:15分。西ホールから引き上げ。

ゆりかもめ・国際展示場正面駅
04:30p.m

 C74.2008年夏コミの初日。
 一般で二時に引き上げようとしたらゆりかもめで四十分待ち。
 それだけにいっせいに引き上げる「終了後」では殺到して大変なことに……と、読んでいたのだがなんとスムーズにホームに。
 五時には新橋という嬉しい大誤算。

新橋駅
05:10p.m

 集合が六時。
 いくら気の早い人間でも待ち合わせ場所にはいるとは思えない。
 だから烏森口を確認すらせずコンビニを探す。目的はメール便。
 程なくしてファミリーマートを発見。たずねるとメール便を取り扱っているというのでさっそく手続き。
 既にスペースで本をA4封筒に入れて余計な部分をおりガムテープで止めて、宛名と差出人のシールを貼っていた。
 後は出すだけ。速達で出す。
 年末ゆえ不安だったが、大晦日には届くらしいと
(その後「届きました」と連絡が)

 ちょうどよくマンガ喫茶の割引チケットを。
 案内だけで充分。
 三十分だけだが座って休み、そしてとりあえず自分のところの掲示板にお礼のメッセージを。

 45分くらいに出て新橋駅烏森口に。
 ひでゆきさん。漣連さん。細田さんが会話して待っていた。そこに合流。
 さらに都合でビッグサイトまではこられなかったプロデューサーさんが。
 おーくさん。真魚さん。贈り物さん。カイザー。そしてたまさんが来て時間も六時。
 五分待つが特に来る様子もないので飲み屋に移動。

 あちこちにカートの客が(笑)
 ゆりかもめで一本の新橋。
 新木場から直行の池袋。特に乙女ロードもあるから女子向け?
 そしてやはりというかの秋葉原は打ち上げのメッカかなと。

 特に挨拶もなく(笑)乾杯。
 そして炸裂するオタトーク。ああ。楽しい。

 朝からずっと売っていた僕と、朝からずっと買っていた(笑)カイザー。
 自分で言うのもなんだけど、ミョーなテンションをしていた(笑)
 疲れてたんだよね…

 もう翌日は潰れてもいいやということでメテオ…アルコール解禁(笑)
 いや。別に禁酒はしてなかったけど多少飲んでもいいやと。
 本当はサイトの元日更新用に「PanicPanic・改」が書きかけではあったが、既に「不屈のスケベ」を完成させていたし、イラストも到着していたので「改」が間に合わなくても何とかなるし。
 こんなときくらいはね。

 十時くらいに終了。
 二次会で喫茶店という案も出ていたが、さすがに朝も早かったので眠くてたまらず引き上げに。

 家に帰ると軽く巡回だけしてすぐにふとんを。
 そして酔いと疲れですぐに寝た。

 こうして、今回もやり遂げることが出来た。
 だが僕の戦いはまだ終わらない。

 次回は18禁だ!(笑)

 最後になりましたが、ご来場。そしてお買い上げの皆様に感謝の気持ちを捧げます。

レポルームへ

トップページへ