大感謝祭オフ

EPISODE2「演芸」


2003/9/23



カラオケ館上野店
00:40p.m


 今回はさすがに大きな部屋になる。外だけに腰掛けても充分に座れる。中央がステージになるぞ(笑)
 扉のそばから時計回りにとむさん。四封さん。退屈堂さん。僕・茂木忠。ひでゆきさん。角を曲がって贈り物さん。真魚さん。もう一度曲がり村人さん。
k.1さん。東方不在さん。ゼロさん。最後が夢空間はくつるさんだ。

 時間があまりない。飲み物の注文を済ませて僕が入れたのは「ドリフの早口言葉」
 実はバラクーダの「日本全国酒飲み音頭」をベースに「日本全国オフ会音頭」を目論んでいたが2コーラス目の各地方をめぐる部分が上手くあわせられず今回は見送り。
とにかく余興として盛り上がれる歌でとこれをチョイス。
 1番は僕が歌って見せて
「仙台からようこそ」と村人さんに。三番の時点で「殿。マイクでござる」と退屈堂さんに。ラストは
「暴走王行ってみよう」と遠征組中心に。ちゃんととむさんが突っ走ってくれたのは言うまでもない(笑)

 二曲目。「グルンガスト・漸」は東方先生。
 三曲目。「嗚呼! 逆転王」は四封さん。元の映像がついたのはラッキーだったが注文の品が来てしまい中断したのはアンラッキーだった。

 
復活!! もの&トム。
 「Danger Zone」を絶唱。この勢いが夜に…
 5曲目は引き続きとむさん。「トモダチ」
 6曲目はゼロさんで「瞳の中のファーラウェイ」
 7曲目。はくつるさんで「Holly&Bright」いい感じ。
 8曲目。真魚さんで「夢光年」
 9曲目。k.1さんで「真っ赤なウソ」と懐かしいところ。

 そのころひでゆきさんは僕に索引本の林原めぐみさんのところを開き
「これを退屈堂さんに」と(笑)
 じっと見入った殿様であった(笑)

 ゼロさんが「風のノーリプライ」を歌っているときにるいんさん登場。
 11曲目。数あるナンバーから殿がチョイスしたのは「虹色のスニーカー」

 12曲目。リスクを冒して持ってきたファイズギア。バッグのチェックは頭にあったがそれでも。
腰にはベルトをつけて僕が歌うは「JustiΦs」
 もちろん中央に出てクリムゾンスマッシュ(ライダーキック)の前のポーズを。
 四十近いのに(苦笑)

 13曲目。「恋のぼんちシート」とまた懐かしいところのk.1さん。
 14曲目。どうしても中で寸劇を入れたくなるのがレイズナーOPテーマの「メロスのように」歌うは真魚さん。
 15曲目で満を持して村人さんが歌うのは
「花と小父さん」。冷静に聞くと歌詞が怪しげ。そのせいか笑いが
 
断っておくが彼は一字一句も変えてない。それなのに爆笑が起きるのはなぜ?(わかるけど・・・)

 るいんさん最初の一曲が「愛のメディスン」と言う辺りが彼らしいと言うか。

 ここでおーくさん登場。いつもきちっとした格好の彼だがこの日は暑くさすがにTシャツだけ。
 また色紙を回される。そう。喜久子さんに差し上げるメッセージだ。

 ここで炸裂。とむさんのソロで「レッツ! ファイナルフュージョン」
 ああ。ピンもいいけどありさんとのデュオが聞きたいぜ。

 ひょっとしたら聖賢者さん張りの声か?
 夢空間はくつるさんの「ウェディングベル」

 この辺りでちょうど僕が色紙にペンを走らせていた。いや・・・歩かせていた。
 何で考えなかったかな? メッセージ色紙の贈呈。何も考えてないから詰まる詰まる。
 歌は東方先生で「戦闘男児」

 20曲目。ゼロさんで「炎のゴーファイト」
 21曲目。「我らガッチャマン」は映像つき。はくつるさん。
 22曲目。k.1さんの「ひらけチューリップ」

 23曲目。元祖
「血の繋がらない妹に悶々とする作品」(笑)の主題歌。「思い出がいっぱい」を真魚さんが。
 24曲目。ひでゆきさんでsexMachingunsの「洗濯してね」。「みかん」は封印?
 25曲目。「ナージャ」が掛かり「誰だ?」と叫ぶと
「私しかいないでしょ」とるいんさんが(笑)。
 26曲目。「DREAMS」は東方先生。
 27曲目。「カサブタ」は久しぶりにものさん。

 
ラスト間際でやってくれました。おーくさん。
 「もしもピアノが弾けたなら」の替え歌で差し詰め「もしも屋敷が買えたなら」・・・メイドさん雇って云々と言う歌に爆笑。

 ここのところ「みかん」で大爆発して終わっていたがさすがにイベント当日。
 「がんばって負けないで」を全員でマイクなしで。

 そしてタイムアップ。上野駅へと急ぐ面々であった。

EPISODE3「夢幻」へ

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ