PanicPanic ゲームシステム

 
 基本的に三本勝負で相手の体力を先にゼロにするか時間切れのときに体力が多く残っていたほうがラウンド奪取

 基本操作

 一連の2D格闘ゲーム同様にレバーとボタンの組み合わせで操作。概要は以下の通り(使用キャラクターが右向きの場合)

→ 前進
← 後退。相手の攻撃時にはガード
↑ 垂直ジャンプ
↓ しゃがみ
右上 前方ジャンプ
左上 後方ジャンプ
左下 しゃがみガード
右下 しゃがみ

 ボタンはパンチとキックがそれぞれ強・中・弱となっており計六つ。弱から強につれて威力は上がるが隙も大きくなのが特徴。技によってはこれに限らず上段。下段などの使い分けやスピードの変化に対応するものもある。さらにスタートボタンで挑発も行える。

 
キャラクター固有の特殊操作以外に共通する特殊操作もある。それは以下の通り。

→→ 前方ダッシュ
←← 後方ダッシュ
↑↑ ハイジャンプ

 
ガード
 レバーを相手と反対に入れつづけることにより相手の攻撃からガードできる。技には上段属性と下段属性がありそれに応じたガードをする必要がある。また中段技と呼ばれるものだと下段ガードができないと言うように特定方向のガードしかできない技もあるのでその辺りの対処が必要。
 ガードと言えど完璧ではなく必殺技以上になるとわずかだがダメージを受ける。これを削りと称する。
 さらには投げ属性の技はガードできない。

 
投げ

 前方。あるいは後方にレバーを入れつつパンチないしキックボタンを入れることにより間合いの相手を投げることが出来る。投げ失敗時には大きな隙が出来絶好の反撃ポイントにはなってしまうがガードもブロッキングも不可なのは魅力。だがスゥエーによってかわされることはある。

 
ブロッキング
 株式会社カプコン製作の『ストリートファイター3』でのシステム。本作でも使用。相手の攻撃を受け流してしまう。方法は相手の攻撃の瞬間にレバーをニュートラルから→か↓にいれる。→で上段ブロッキングおよび空中ブロッキング。↓で下段ブロッキング。

メリット

ノーダメージ。削られもしない。
硬直が短く相手より早く動ける。

デメリット

入力が難しくリスクが高い。
投げは防げない。

スゥエー

 本作でのシステム。ブロッキングと同様の操作だがレバーを後方に入れる。それにより相手の攻撃をよけてしまう。

メリット

ノーダメージ
入力ミスしてもすぐさまガードに移行できるのでリスクは少ない。
投げられる瞬間に入力すれば投げから逃げられる。

デメリット

硬直がブロッキングより長く相手より先に動けない。
入力は難しい。

 ブロック
 必殺技を出す。相手に攻撃を当てる。相手の攻撃をガードする。挑発などで少しずつゲージが増えて行き最大六つのブロックになる。このブロックの使い方は『ブロックアーツ』と『ES技』になる。さらには満タンすべてのブロックを使うアルティメットアーツも存在する。
 
 
ES技
 通常必殺技の『強』を上回る性能を持つ。しかも隙が少なかったり無敵時間が長かったりするがブロックをひとつ消費するので無尽蔵に出せるわけではない。また技によってはES技の存在しないものもある。
 出し方は必殺技入力時にパンチ系必殺技ならパンチボタンを二つ以上。キック系必殺技ならキックボタンを二つ以上同時押しする。

ガードキャンセル

 カプコンの主に『ヴァンパイアシリーズ』で用いられるシステム。ガード中の硬直を強制的に解除して切り返す。基本的にES技。ゆえにブロックをひとつ消費。ブロッキングの存在故に不要に思えるが一度入った連続技などからの脱出に用いる。ただしブロックアーツなどには対処し切れない。
 
 
ブロックアーツ

 2ブロックから使用可能。2ブロック。3ブロック。4ブロック使用のタイプに分かれる。ブロックの上限が六つなのでおのずと最大ストックは決まってくる。ただ複数を使いこなせるため4ブロックのブロックアーツを出した後で 2ブロックのブロックアーツで追撃と言うように戦略にバリエーションが出せる。入力はやや複雑なコマンドを要する。
 
アルティメットアーツ

 ブロック六つ。つまり満タンすべて使う超ブロックアーツ。一部例外を除きまともに決まれば相手の体力を60%奪う。なおアルティメットアーツは対戦。対CPUで性格が変わる。

対戦
どちらかと言うと決まりにくい。
出し終えてもゲージはたまって行く。
終了後の隙が大きい。

対CPU
かなり決まりやすい。
一度出すとそのラウンドではゲージは一切増えない。
終了後の隙は小さい。

挑発

 文字通りの行為。スタートボタンで出せる。キャラによっては攻撃判定を持っていたり複数の挑発の出せるキャラもいるが挑発中は一切無防備なのでハイリスクノーリターンと言えるがブロックのゲージを増やす効果はある。

 
トップページへ