ジャイアンツ球場へ行こう

 秋晴れの休日。いつものアキバ・神保町では芸がない。
 ただ歩くのではなくどうせなら噂に聞こえたジャイアンツ球場の長い階段に挑むのも一興。
 おりしも秋季キャンプの真っ最中。上手く行けば練習が見られるかもしれない。

 まずは新宿で乗換え。この場合だと小田急のよみうりランド前と京王の京王よみうりランドの二択。
 目的が『長い階段』なので京王のほうに。

 京王よみうりランド到着。何つーか…山の中。

 さすがに東京ドームのような街中とは思ってなかったけどこんな環境とは思わなかった。

 そして『巨人への道』が待っていた。

 まずは第一歩。リズムよく登る。僅かに上るとロープウェイの駅が。とりあえず行きは乗らない。
 ついでに言うとこれはよみうりランドまで運ぶものだから、ジャイアンツ球場は通り過ぎてしまうのだ。

 本当に山の中を進む。なんだかハイキングのようだ。ここに思わぬお客さんたちが。小学一年生か二年生の子供さんたち。当然引率の先生がいる。
 その先生の指示で道を譲るように言われて素直に寄る子供たち。可愛い。そしてすれ違いに一言。
「あー。カメラマンだぁ」
 いや…確かにカメラは持っていたけど、カメラマンはこんなちっちゃなカメラは使わないと思うぞ。

 前述の通り遊園地の入り口の手前にG球場はあるから、もうちょっと短いにせよ結構な段数になりそうな時間である。

二軍選手も通る道のようです。



実はジャビット君の絵も書いてあります。確かに励まされる距離だったかも。
 そしてたどり着くとそこには終身名誉監督の字で


 たどり着いたはジャイアンツファームの本拠地にして巨人の練習場。ジャイアンツ球場。

←室内練習場。雨の日はここで。

 隠れてますけど右にはチケット売り場が。
 イースタンリーグの試合があるときは開いているのでしょう。
 もちろんこの日は試合じゃないので売り場はしまってましたが。

 門を通り下に出向くと球場が。途中にはテニスコートくらいのスペースが。ブルペンかな?
 一塁側客席にはベンチが。大勢の人がいた。

 残念ながら練習は終わりだったようだが片づけをしているのが真田(43)篠辺(57)そして林(当時96)と期待の若手投手たち。
 さらには阿部捕手も元気な姿を見せてくれた。

 まさか選手とあんなに近い位置にいけるとは思わずびっくり。サインをねだるファンたち。
 しかし疲れているのか応じるけど笑顔はない。
 いや…この時期にシリーズ合宿ではなく秋季キャンプをしている事実が、彼らから笑顔をなくしているのだろう。
 ちなみに写真は撮影したが多分球団のOKなしで載せられないと思うのでここでは出さない。悪しからず。
(と言うかまともに顔が取れている写真は撮影できなかったんですけどね)

 長い階段を上ると言う目的を達したし選手も見ることが出来て引き上げに。
 今度は空中散歩とゴンドラを使うが…怖い(笑)
 たった二百円だけど次は階段を下りよう。

←ゴンドラからの一枚

 アクセス。新宿駅から京王線で『京王よみうりランド』下車(280円)
 駅前から出るゴンドラ(200円)でよみうりランド入り口まで行ってから500メートル戻る。
 あるいは遊歩道を20分以上かけて上る。

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ