イラストギャラリー
Act03

イラストギャラリー02に戻る

絵師・高天リオナさん

「嗚咽と抱擁と微笑」

(PLS第16話「Nervous」より)

受け止める涙

高天リオナさんでは初の一年生トリオで。
この場面自体前からやりたかったのもあり
選択しました。

もともと絵柄が好きで依頼していたものの
「PLS」には合わないんじゃと思っていたのですが
こうしてみると間違いでした。
特にアンナがイメージにあってて。

兄に対する抑えきれない思いがオーバーフローして
泣き出した双葉。
「仕方ないな」といいつつ
優しく受けとめる千尋。
それを微笑ましくみているアンナ。
いい関係のトリオと思います。

絵師・ri-koさん

「友チョコのつもりで用意したら、相手が勝手に男になっていた」

「今だけ男子」とは言ったけど、ここまでされるとは思わなかったわ。

御覧の通りバレンタインネタです。
そこにまり太冬服バージョンを絡めて。
以前の男装が夏場の設定だったのて
ジャケット姿も見てみたいと思い。

美鈴にしたら友人であるまりあに友チョコのつもりですが
あまりに本気な包装で愛の告白にしか見えないと(笑)

それを見て苦笑している詩穂理と
笑いをこらえているなぎさという局面です。


ちなみにこのイラストは
ちょうど2018年二月と実際のバレンタインに合わせていたのですが
なんと僕が緊急入院してしまったために更新作業ができす。
予定をはるかに超えた四月までの約70日の掲載になってしまったと。
時節ネタに合わせたのが
ものの見事に裏目に出たケースでした。

絵師・對馬有香さん

「一番おっきい娘と一番小さな娘のコラボ(笑)」

(PLS第2話「Get Wild」より)

對馬さんでは二度目のパニパニキャラと。
城弾キャラで最も胸の立派な娘と
最もつつましやかな娘の邂逅と(笑)
ちなみに詩穂理は詩穂理で薄い胸を
皮肉抜きで羨ましがってます。
なによりGカップは重くて大変だし。

女の子たちははじめましてだけど
男たちは再会ではじけてます。

展示場へ

トップページへ