第二回あっとまんぼう祭り


2002/4/29


EPISODE1『邂逅』

JR新橋駅
11:03a.m


 毎度おなじみこの場所である。だが出口はいつもの銀座口ではなく『潮留口』を指定されていた。
そのつもりで出たのだが『烏森口』だった。
 (あれ? もっとあっちか?)
そう思い銀座口方面へと歩くと着メロの『Try To Wish』が。この曲はあっとまんぼうで知り合ったメンツの場合。電話に出るのと同じタイミングでおとぼけウサギさんと出会う。
 電話は井上たかしさん。『そっちじゃない』と言う内容。指示されて向かう…ここなら『ゆりかもめ前』と指定して欲しいものだが。
 とにかく合流。その後の面々も同じような行動を取るがこれは後ほどわかる。
 この時点では井上さん。anchanさん。JoeZさん。ゼロさん。真魚さん。おとぼけウサギさん。女神さまっの贈り物さん。
marchさん。そして僕だった。

 11:20。幹事の四封さんがまだ来ない。
 「遅刻はするなって書いた本人がねぇ」なんていっていた。電話も通じない。地下鉄か? それとも電話に出られない急病…と考えるがなんのことはない。やっと連絡が取れて謎が解けた。
 潮留口と言うのは地下にありそこでずっと待っていたらしい。他にも待っていた面々がいる。
 こんな場所だったのか…どうりでみんなわからないはずだ。
 食べ放題へと移動。


カリフォルニア・カフェ『ファームグリル』
11:33a.m


 ずらずらと17人は移動する。途中でごうにゃんさんと合流。
 思うのだがバスツアーとほぼ変わらない格好の僕が目印になっていたかも。

 何故か反対側の入り口に並んだが店の中を突っ切りもう一つのほうへ。改めて入りなおして三つのテーブルにわかれる。
 僕のいたテーブルは窓側に豆さん。通路側にゼロさん。その間に僕はいた。ゼロさんの向かいに東方先生。そして豆さんの向かいがはみ猫さんだった。
 誰が言ったか忘れたが
『濃いメンツ』だったが実際にトークが突っ走っていたのはありさん達のいたテーブルだった気がする。もっとも声がでかいだけだったかもしれないが。

 それぞれ思い思いの料理を取りに行く。ランチタイムの開始。もちろん黙々と食べているだけではない。
 東方先生とゼロさんは激しいバトルを繰り広げていた。たとえるなら『弟さん』VS『やまだくん』のように(地方限定ネタ)
 僕は僕で直前に『架空オフレポ2』を出してしまった手前あちこちに『ごめんなさい』と(笑)

 ある程度食べた所で一枚のはがきを取り出す。今回は残念ながら参加できなかった退屈堂さんからの結婚の挨拶のそれである。
 ネットでの知り合いだけに住所まで知っている人間もそうはいないだろうから代表で回すことにした。
 みんな口々に祝福の言葉を出していた。

 はみ猫さんからは僕が参加できなかった『お花見オフ』の写真を頂く。なんとなく雰囲気がつかめた。ありがとうございます。

 そのはみ猫さん。喜久子さんの出演がきっかけで見た『ギャラクシーエンジェル』にはまっていた。そして豆さんも好きだったらしい。当然のように話がそちらへと。

 そして偶然はみ猫さんと豆さんが二人ともカレーを持ってきた。豆さんはデザートも一緒だが…
そのクリームをカレーに乗せてミルフィーユ仕様を実現させていた。
 カメラがないのが悔やまれる。ちなみに味はまずいと言うより甘さと辛さが交錯してふしぎな味だとか。
 いくら僕がミルフィーユを好きでも試す気にはなれないが。

 時間制限90分。そして僕や真魚さんなどは入場のためのはがきを受け取りに新橋駅へ戻らなきゃいけない。
 そんなわけで僕と真魚さん。ごうにゃんさん。そして井上さんは待ち合わせポイントに出向くため抜け出した。


新橋駅SL広場
01:04p.m


 壮観だった…今回のあっとまんぼう祭りも昼と夜になっていたがその昼に参加するための集合。
 その時点でも20人以上はいただろう。
 その中に
『見た覚えがあるが名前が思い出せない人』『見たことのない顔の人』がいた。困った…

 マスターは仕事で抜けられないたまさんの代りにはがきを引きうけていた。彼から受け取りこれで安心。

 井上さんがぐるっと辺りを見渡すと一組の男女を見つけた。声をかける。
 『ひょっとして…』と思ったらやはりセレネッラさんだった。それなら傍らにおくちゃんがいるはずだからわかるだろうといわれそうだが今回は髪の毛を綺麗に下ろしてあり印象がずいぶんと違っていたのだ。きっと僕がマンガを描いたら髪型でしか女の子の書き分けができないぞ(笑)
 『はじめまして』と握手を交わす。ありさんのところやウチでも何度も『話して』いるけど本人と会うのは正真正銘これが初めて。
 にこやかな笑顔の好青年。そんな印象であった。
 今回はもちろん『あっとまんぼう祭り』そのものも楽しみだがこうやって初めて会う人や久しぶりの面々。
 もちろんいつもの仲間ともあえるのもまたある意味イベント。

 ひと段落ついてヤクルトホールへと移動。


ヤクルトホール
01:10p.m


 みんなはすでに並んでしまったが井上さんは研修で来られなくなったw_tomさんの代役。(ソーマ)さんを待つ必要があった。どの道座席は決まっているので後からでも問題ないから列に並ばず井上さんやコーチさんと待っていた。そこにセレネッラさんとおくちゃんも。そして時間の関係でありさんとすれ違いになるのでと来てもらったありさんやおとぼけウサギさんと談笑していた。
 で…やはり顔の知らない人と談笑。上手い具合に調子を合わせていた。だがこちらはありさんが言ってくれて助かった。
 原付仕事人(ファイター)さんだった。
 「まともにあった事は確か…」
 「見かけたことはあるんですけどお話は」
 ああ良かった。僕がトリ頭と言うばかりでもないか。例によって名刺を差し出す。
 さらにひでぇーさんも。こちらも1年ぶりだし髪がだいぶ伸びていたので言われなかったらちょっとわからなかっただろう。
 僕がまさに1年前と同じ格好なのでわかってもらえたようだ。もっとも列にはもっと目立つトロピカルなはっぴの旦那がいたけど。

 セレネッラさんには先にお土産(といっても向こうもこちらも東京なのだが)をいただいていたのだがそこで改めておくちゃんから『ギャラクシーエンジェル(第二期)』のポスターをいただいた。

←今回の写真は全て井上さんから

さらにここで受け取った包み。
 『茂木さんにはこれかなと』というそれは
『仮面ライダーのお面』
 
これで僕にどうしろと(笑)
 出して見せると受けたが。
 だんだん乗ってきて
かぶって1号ライダーのポーズで写真を撮ってしまった。
 日本広しといえども
銀座で縁日のお面で写真撮った人間なんてそうはいないだろう(笑)


ライダー…変身っ!!


 さらに事前にありさんの『お話掲示板』(話が出たころは『Light Boad』)で『つけて撮影してもらう』といっていたのが
『ちぃの耳』だった。早速お一人さまが装着(気のせいか嬉しそうだった気も)。
これはお面をつけた僕とのツーショット。



 さらにありさん。井上さん。後から来たたまさんにもつけてもらっての撮影会。
 『これだけやらせたんなら』とおくちゃんも餌食になったがさすがに女の子。問題なく可愛くなっていた。

 (ソーマ)さんには無事にチケットを渡せたがminoldさんがまだ来ない。
 何故かその日はやたらに白バイが走っていたが(笑)
 「ガードチェイサー(X4)で走っていたら『アンノウン出現』の入電があってそっちに向かったとか」
 そんなわけもなく駅から彼は来た。ちょうどそのころ係りの人にも『そろそろ入っては』と促される。その入場中だった。
 あれ? ありさんまで入っちゃった。確かメールでは『食べ放題のみではない』つまりカラオケ組と思っていたが…
逆にたまさんは僕が会場に入らないのを不思議に思っていたらしい。

 遅れての合流になるがプレオフ2次会のカラオケ館へと一人で出向いた。


EPISODE2『再会』へ

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ