第二回あっとまんぼう祭り

EPISODE3『登場』

ヤクルトホール
05:10p.m


 一団は舞台から見たら右側になる位置に陣取っていた。僕の番号はU−02.ゴルフ好きならツーアンダーとでも言うのかな。
 僕の右隣が真魚さん。そして通路側の椅子がおとぼけウサギさんだった。
 ちなみに後日談だがどうも後ろの列にコーさんがいたらしい。『しあわせ掲示板』のときの一貫したスタイルにけっこう好感を持っていたのでぜひ一度はあってみたかったがこの日はそこまではかなわなかった。
 まぁ仕方あるまい。こんなにいっぱい会えたのだ。次の楽しみにしておこう。

 今回も『あっと井上』さんの前説が。が…笑いが起きない。ダブルヘッダーだったからか。

 今回の司会は誰かなと思っていたら前回に引き続いての山崎たくみさんだった。あの軽妙なトークがまた聞けるとはラッキーである。
 彼は『パンダ会長』を尋ねてきたらしい。留守のようだ。そこに留守を預かる女性が。そうだっ!!!! なんと喜久子さん。
 
紺色のメイド服。白いレースのエプロンという正統派で登場。
 なんでいないんだ。萌王(笑)

 さらに念願かない『とりあつかい説明書』を生で。これは聞いてみたかったんですよ。ただくどいようだがジャズピアニストの伴奏だとさらに良かったなぁ。これって英訳して黒人シンガーに歌わせたら絶対みんなだまされる。(笑)

 そしてクイズが出る。パンダの後姿をかけ…と。
なにぃぃぃぃぃぃぃ!?
 昼は前側の模様だったらしいが…ちなみに
受け狙いOK
 アシスタントの女の子が大きなパンダのイラストを掲げて歩く。振り返るとボードの後ろにも。なんとモンモン(笑)。
 だから
ウルトラマンの模様ででも描こうかと思ったがなんとそっちもわからない(苦笑)
 諦めてまともに考える。

 もしも前だったら受け狙いで『らんま1/2』の早乙女玄馬パンダバージョンを描いたのは間違いない
(でも一人くらい実行してる気がする…)

 この後で『お土産』に入っていたうちわでゲームを。
 このウチワ。片方は白く天使の喜久子さん。反対は黒く悪魔の喜久子さん。前回のクイズ。そしてどちらが好きと言う二択の流れで今回は『
裁判』だった。
 山崎たくみさんの読み上げる喜久子さんの『罪状』。本人が無罪と思えば白。有罪と思えば黒である。観客はそれと一致したものが生き残り最後の5人にプレゼントである。

 そうそうに座る羽目になった僕(笑)とは対照的に真魚さんはかなり最後まで行く。見事なよみである。
 最後のほうはじゃんけんになるがさすがに(チョキを出しっぱなしの)喜久子さんだとまともな勝負にならないので山崎たくみさんが代りに。真魚さんは負けなかったがあいこはNGなので残念ながら真魚さんはそこで涙を飲んだ。

 ところで…このときの
『白黒』が妙な展開を招くのだが。それはまた別の話。

 その後『喜久子さんの14年を振り返る』となりトークショー形式で。
 初めはニュース映像などで外国人の英語の上に重なる『ボイスオーパー』だったらしい。
 いくらなんでもそこで目をつけた奴ぁいないだろうけどなぁ(たとえ声が気に入っても名前の紹介はないだろうな)

 そして再びおやつのコーナーに。かかった曲に一瞬『なんでっ?』と思ったけど…ああ。『まんぼう』ね。
 さて。この辺りはビデオに収まるか?

 15分間の休憩。念のためにトイレに出向く。その帰りにどこかで見た顔…あのヒゲ。SEBOちゃんさんだ。
 1度目は1回目のあっとまんぼう祭り。井上さんのところに載っている集合写真のシャッターはこの人が切ってくれた。
 2度目は山梨のとき。新宿で井上さんに話し掛けるのを見た。それだけだった。一度挨拶したいと思っていたのだ。
 ちょっと自信はなかったが「あの…SEBOちゃんさんですか?」と尋ねた。
 それまで
『パンダの後姿』と格闘していた(笑)彼はにっこり笑って「ハイ。そうですよ」と答えてくれた。
 「一度挨拶したいと思っていたんですよ。僕こういうものです」
 冷静に考えると『こう言うものです』はクウガファンにしか通じないネタだけどSEBOちゃんさんはちゃんと受け取ってくれた。
 「あー。あなたが茂木さん。ごめんなさい。名刺もってなくて」
 確かに名刺はお返しが基本らしいけど僕はギャグでやっているのでそこまでていねいでなくてけっこうです。みなさんていねいに返してくれようとするのでふざけた名刺が悪い気が…もっともただ一度だけ返された名刺で『負けた』と思ったことがあったが。
 『最近(しあわせ)掲示板で見なくてどうしたのかなって思ってたんですよ』
 『まぁ…諸事情有りまして…』
 その後で並んでパンダの後姿と格闘していた。そのとき頭の中で参考にしていたのが本当にパンダ親父だった(笑)

 後半スタート。なんと今度は
『おねてぃ』のみずほ先生のコスプレ。
 どよめく一同。さすがに髪の色は黒いままだがかなり近い。と…言うかみずほ先生自体が喜久子さんから逆算したのではなかろうか?
 しかし見事にコスプレ声優になってしまったなぁ(笑)
 ふと思ったけど特撮の女戦士(もちろん声ね)なんてやったらやはり撮影用のスーツを借りてきて披露してくれるんだろうか(笑)
 ちょっと辛口のギャグも交えて笑いを取るがだいたいはしっとりと酔わせていた。

 その際にだがお隣のおとぼけウサギさんが双眼鏡を貸してくれた。どアップでその姿を。おお。完璧。

 みずほ先生退場後なじみのテーマ曲が。『お姉ちゃんねる』の上映だが…クリアファイルとポロシャツの宣伝だわ(笑)

 そして今度は…
登場。ルリ子セブンティーン。
 おおっと。かつての森高千里ばりの脚線美。ここで再びおとぼけウサギさんが双眼鏡を貸してくれた。
 たびたびありがとうございます。おかげで充分に堪能できました(笑)
 松田聖子の『瑠璃色の風』やピンクレディーの『UFO』などいろんな曲を披露して退場。

 この後今度はどんぶりの宣伝をして(笑)教材用の曲を録音した話しに。作詞の先生。作曲の先生。デュエットパートナーのカールおじさん(笑)を招いてのトーク。

 パンダクイズの正解発表。実はほとんど正解だった。ただ一点。尻尾を黒く塗ってしまった…ぬう。
 半端に正解を狙うなら受けを狙うべきだったか(笑)

 そして大抽選会だが…
出現。プレゼントハンター。(別に贈り物さんを狩るわけではない)
 話に聞く限り昼もゲットしたらしい。そしてここでも。むぅ。見事な強運。さらに先ほどの団扇のそれでもゲット。おお。凄い。

 恒例のほっちゃん話をした後はラストナンバー。
 それこそ恒例は『がんばって負けないで』なのだが今回は『ほっぺに約束』だった。
 大盛り上がりを見せて今回の『あっとまんぼう祭り』は終わった。
 
今年も楽しかったよ。喜久子さん。山崎たくみさん。スタッフのみなさん。みんなありがとう

 多いに満足してヤクルトホールを後にして新橋駅へと。だがまさかあんな展開になるとは読みきれなかった…。

EPISODE4『集合』へ

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ