冬のニコニコツアーオフ

EPISODE1『前日』


2002/11/ 9


JR新宿駅
06:33p.m


 井上喜久子さんの2年ぶりのアルバム。「ひだまり」。
 それにあわせたコンサートツアーが10/27名古屋。11/4大阪に続いて11/10東京・浅草で予定されていた。
 それに参加すべくあっとまんぼうを通じて知り合った仲間たちが東京へと集結していた。
 せっかくだからと前夜祭とばかしに朝から東京めぐりをしていたらしい。
 一次会が『給食当番』で昼食会。二次会が秋葉原めぐり。
 その後の三次会。監獄居酒屋『ロックアップ』での飲み会に参加すべく僕は新宿にいた。
 監獄居酒屋と言うことでなんとなく悪そうに黒のジャケットに始まる黒尽くめ。赤いネクタイ。夜だと言うのにサングラスである。

 改札を出て見まわすと既に井上たかしさんとおーくさんが待っていた。
 井上さんはスーツ姿だった。対するおーくさんは上着なしでしかも袖をまくっていた。
 「10分ほど遅れるそうです」とのことでしばし待つ。その通りで一団が現れる。目的地へ。

 
またやってしまった…『誰だっけなぁ…?』。ホントこのトリ頭どうにかしたい…毎回大きなイベントでそれをしている。
 今回は退屈堂さんだった。
いくら手ぬぐいをしていなかったからといって…当たり前だけど『目印』は持ってるはずもないし。
 いったん離れて誰かわかった所で『お久しぶりです』。でも言い訳をすれば髪もちょっと伸びていましたよねぇ。


新宿・グルメ王
06:49p.m


 目的地である監獄居酒屋は大盛況。あまりに多くてとても入れない。やむなく一階上の食べ放題の店に。

 多国籍と言うかいろんなものがバイキングできるらしい。そのせいかアジア系を中心とした外国の人も多かった。
 幸いこちらはすんなりまとまり5分程度待ってテーブルへ。

 参加者であるが四封さん。裕一郎さん。ねこるりさん。プリティースミーさん。JoeZさん。井上たかしさん。おーくさん。
退屈堂さん。村人さん。はみ猫さん。蒼天翔さんこと
ツーショットカイザー(こっちが正式かい!!)。そして僕。

 思い思いの料理を運び夕食となる。

 焼肉やしゃぶしゃぶもできる店で肉を焼いていた人も多かった。挨拶も抜きでいきなり食べ始める。でも乾杯はする。

 遅れて合流のたまさん。やはりトークリーダーは彼になる。
 喋りもうまけりゃ絵も上手い。さらにこのコンサートでは(にやり)

 対するは
たかちゃんサバイブ(笑) 十月オフ以来。僕はアルコールの入った彼をそう呼んでいる。
 彼は地声が高いので席が離れていても良く声が聞こえるのだ。

 
伝説は真実だった。村人さんの健啖家ぶり。
 予てから話だけは聞いていたがどう見てもあの細身の体でぴんと来なかったがもうばっちり。インプットされました。
 だって薄い肉の塊が
5センチくらいに見えたし。しかもそれが残らない。
 あまつさえ
1時間前にエルシオール喫茶室で『定食』を食べたとか。
 僕も食べるほうだがたぶん負けていた。

 目の前のカイザーはひどいありさまだった。鼻はぐしゅぐしゅ。ボーっとしているようにも見えたし。風邪なのは医者じゃなくてもわかる。
 「大丈夫?」と問い掛けるがなんか怪しげ。
 井上さんはしきりに『強制送還』と言っていたが。

 二つとなりのマスターに訊ねる。
 「(二次会の)秋葉原めぐりでなにかゲットしました」
 「昨日ゲットしました。
いちごたん本を
 ツ…つわもの…。さすがと言わざるを得ない。

 二時間の食べ放題はすぐに時間がきて撤収へ。

 さすがに翌日があるのですんなり解散へ。しかし僕と井上さんは池袋で続きを11時までやっていたのであった。

EPISODE2『当日』へ

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ