お花見オフ09

2009/4/4

JR上野駅・不忍口
11:43a.m

 な、なにぃ? これは幻覚か?
 などと車田マンガのようなことを思ってしまったのは演出だが(笑)わが目を疑ったのは本当。
 一年前のお花見オフを最後に音信不通になっていた四封さんが僕の前を歩いている? となりにはpuchi☆ろりくん。
 しかし待て。他人の空似もありえる。
 とにかく信号で追いついて隣に。そして視線が合う。
 おお。紛れもない本人。互いに挨拶を。そして思わず一言。
「一体今まで何を……」

上野公園
11:55a.m

 場所取りはいつものように細田さん。
 というか留守番でおーくさんは買出しだったらしい。
 四封さんも買出しだったのだ。そこで再会した。

 やがておーくさんと共に贈り物さん。東方さんが。
 贈り物さんは四封さんを見て驚いた表情を。

 次々と集まる参加者。そしてやはり再会を喜ぶ。
 ある参加者の一言は「生きてたんだ」と親しい間柄ならでは。実は僕の本音でもあった。
 一年前のお花見の直後に事故にでもと。
 なんにせよ無事でよかった。

 当日は生憎の曇天。場所はいつものところからやや外れて観音堂と美術館の間くらい。
 幕開けの乾杯をした面子は幹事であるおーくさん。四封さん。東方不在さん。女神さまっの贈り物さん。
 酒神・バッカスの化身と呼ばれし男(笑)。漣蓮さん。
 この日がお誕生日の真魚さん。細田さん。そして僕であった。

 乾杯!

 やがてプロデューサーさんが合流。
 なんでかバッカス(笑)と馬が合うらしくいじりまくっていた。

 参加者それぞれ五百円程度の持込がルール。
 ま、五百円で済んだためしはないけど(笑)

 なにしろ細田さんの持ってきた生ハムがまたえらく高級らしく。
 漣さんはまた刃物持参(笑)でライムと…ジンだったっけ? 
 とにかく洋酒。ライムはそのため。

 しかし持込で度肝を抜かれたのは名古屋から久々参加の首領・吾郎君。
 あまったものと言ってはいたがそれにしちゃ凄まじい量で

 それぞれ2キロのフライドチキンとポテトである。
 それを名古屋からとは大変だ。
 まぁ僕もかつて名古屋にダンボール一箱に入れたパンを持って行ったことはあるが(笑)

 僕の持ち込んだもの。
 まずは前回悪くない反応だったのでポテトサラダ。それしか作れないが(笑)
 市販の「たけのこご飯の元」を使って自宅で炊いて持ってきた4パック。
 そして土曜開催で営業日だったこと。それで秋葉原にあるたけむらさんで揚げ饅頭を団子の代りに。
 首領・吾郎君がとにかくこれを気に入っていたので今回は参加ということもあり選んだ。
 これだけのつもりだったが、前年に行われた「高橋留美子展」で買ったのはいいが飲まないでいた
これを土壇場で思い出してネタとして持ち込んだ。

 その場でついた名前がラム酒。
 日本酒なのだが(笑)
 中身は飲んでも構わないがビンは持って帰るからと一言念を押しておいた(笑)

 漣さんがぼくのバッグに目をつけた。
 そう。持ち込んだのは飲食物だけではない。
「今回は何か面白グッズを持ってきたのかな?」
 わかっているくせに(笑)

 とりあえず出しやすかったのが「侍戦隊シンケンジャー」のショドウフォン。
 これが意外に見えたらしい。

 その合間におーくさんのマイミクであるリバーさんが合流。
 前回は初顔合わせを失念していて「名刺」を持ってこなかったけど今回は一応胸ポケットに。
 ある参加者がその名刺ケースを見て
「俺と同じ」と。
 いや。あなたは使ってないとまずいんじゃ(笑)

 自慢じゃないがトイレは近いほうの僕。
 早めに出向く。
 しかしやはり「最大手」になっていた(笑)
 女子の方が対策を立てているのか少なくて。

 戻って見ると「(ショドウフォンを)借りている」という。
 どうやらリバーさんが食いついたらしい(笑)
 それなら話は別。この場ではと思っていた代物をカバンから出す。
 仮面ライダーディケイドの変身ベルト。ディケイドライバーとライドブッカー。
 かなり受けていた。カードを入れ替えて遊んでいた(笑)

 ちなみに2日前の4/2にヨドバシで調達。

 人出の多い上野公園である。
 早いうちにはピザ屋の宣伝が。
 それは断ったが宮崎名産。日向夏のケース販売には文字通り食指が動いたらしく購入。
 実は宮崎に出向いたときにジュースという形であったものの日向夏の味は気にいっていたので、これは正直嬉しかった。
 実際美味しかったです。

 楽しい話ばかりではない。
 この4/4は北朝鮮が日本のほうにミサイル発射の情報が。
 野球のために用意していたワンセグだが、たまにつけて情報を確認していた。気にしている人もいた。
 結局その日の発射はなし。翌日の5日に発射。実害なし。

 快調に飛ばすのんだくれ二人(笑)

 二時になる。恒例のカラオケ。いつものメンツに加えて漣さん。そしてリバーさんも。
 後から知るところによるとカラオケ好きだったらしい。
 留守番はおーくさんと真魚さんの二人だけに。
 うーむ。しみじみと杯を交わすのもよさげだが、二人とも飲まないからな(笑)

カラオケ館・上野店
02:10p.m

 総勢9名。久々の大所帯。
 しかし久々の詰め込みで(笑)
 うーん。ジョイウェーブでと口ぞえしたのが祟ったか。
 別の機種でももっと広いところがよかったかな?

 ワンドリンク制なので飲み物を注文。
 ここでもアルコールを抜く気のない二人(笑)

 扉から時計回りで細田さん。贈り物さん。プロデューサーさん。首領・吾郎君。リバーさん。バッカス(笑)僕。四封さん。モニターのまん前の東方さんという面々。

 とにかくこの人数で三時間しかない。もたもたしてないで行こうと。
 幕開けは漣さんで「ワクガイ!! (福山芳樹 )」
 続くのが細田さんで「ebullient future〈English〉 (ELISA)」

 例によってジョイウェーブの記録をそのままコピペ。
 しかし今回は半分が「ゲスト」で記憶と曲目から判断するしかない。
 さらには例えば僕のが有効なままリモコンを渡してしまい「城弾」で記録されててしまって(笑)
 一番大笑いなのが最後に誰もログアウトしなかったらしく、次に使った人間の記録がそのまま。
 まぁこれはさすがに判別つきますけどね。

 首領・吾郎君で「侍戦隊シンケンジャー (サイキックラバー)」
 もちろんこのためのショドウフォンだ(笑)
 続いた僕はシンケンジャーの後でディケイド(笑)「Journey through the Decade (Gackt)」
 狙ったわけではなくて、そんなに歌えそうにないから最初から行こうということで今回の新ネタ。
 ちょうど続いた番組で。だからシンケンジャーのが終わった時点で「この後すぐ、仮面ライダーディケイド」と番組予告を再現。
 もちろんこのためのディケイドライバーだ(笑)

 東方不在さんで「哀 戦士《アニメカラオケ》 (井上大輔 )」
 プロデューサーさんで「Colorful Days (天海春香(中村繪里子)/如月千早(今井麻美)/双海亜美(下田麻美))」
 四封さんは「いちごコンプリート (千佳(千葉紗子)/美羽(折笠富美子)/茉莉(川澄綾子)/アナ(能登麻美子) )」
 贈り物さんで「夢を信じて《スゴオト》 (徳永英明) 」

 リバーさんが「仮面ライダークウガ! (田中昌之)」を入れていたのでディケイドライバーを貸した(笑)
 カードはもちろんクウガ。
 珍しく自分じゃないのでこの気に乗じて画面のクウガにアフレコしまくり(笑)
 これで打者一巡。

 漣さんで「ロボット刑事(水木一郎)」また渋いチョイスを。
 首領・吾郎君で「恋のミクル伝説《アニメカラオケ》( 朝比奈みくる(後藤邑子))」はいいが、明らかに「みのる伝説」のほうの歌い方かと(笑)

 ライダーばかりもなんなので(笑)アニメも。
 僕で「空想ルンバ (大槻ケンヂと絶望少女達(風浦可符香、木津千里、木村カエレ、関内・マリア・太郎、日塔奈美))」
 細田さんで「LIVIN' ON A PRAYER《スゴオト》 (BON JOVI)」既に順番がおかしく。

 東方不在さんで「STORY (camino)」ちゃんとカードは用意してある(笑)
 四封さんで「太陽がまた輝くとき (高橋ひろ)」
 「エルガイム −Time for L-GAIM− MIQ(MIO)」はリバーさんだったと記憶しているが。

 漣さんが「神魂合体ゴーダンナー!! (串田アキラ)」を歌ったときプロデューサーさんが「僕か?」という感じでこちらを見た。
 確かによく歌う。
 しかしこの野郎ばかりの閉鎖空間でこの歌はちときつい。
 このあと「鋼鉄ジーグの歌」「勇者王誕生」なんて続いていたら死人が出ていたかもしれない(笑)

 贈り物さんで「CHA-LA HEAD-CHA-LA( 影山ヒロノブ)」これは燃える。
 プロデューサーさんはアイマスで「オーバーマスター 星井美希(長谷川明子)/我那覇響(沼倉愛美)/四条貴音(原由実)」これは萌える(笑)

 相変わらずの乗りの首領・吾郎君で「グレートデビル・エクセリオン(宮内タカユキ)」
 続いた僕は本当は「ELEMENTS」と思ったのだが、滅多にないこの人数。
 しかも特撮に反応できる人がいつもより三人も多い。
 だからノリ重視で「Climax Jump (AAA DEN-O form)」

 東方不在さんで「超星艦隊セイザーX! (高橋洋樹)」
 細田さんで「蝋人形の館 (聖飢魔II)」
 四封さんだったかな? 「HEART TO HEART」記録がもう分けわからない。

 確かリバーさんで「銀河旋風ブライガー (たいらいさお)」
 「天才!岸和田博士のうた (アニメタル)」なんてのは首領・吾郎君くらいか(笑)

 あれ? 僕の番はどこに飛んだ?

 漣さんで「アマゾンライダーここにあり(子門真人)」
 贈り物さんで「Get Wild (TM NETWORK)」
 細田さんで「BOUNCE (BON JOVI)」
 このときリモコンが接触不良で早送りが掛かったりキーが変わったり。
 さすがに終わってから激怒していた。納得してくれたようだが。
 東方不在さんで「 FLYING IN THE SKY《アニメカラオケ》 (鵜島仁文)」
 いつものように僕との「東方流名乗り」だがリバーさんにはどう見えたか(笑)

 もう時間的にラストだろうからと僕が投入したのは定番中の定番。「少年よ」 (布施明)

 首領・吾郎君?「戦え! バイカンフー (子門真人)」
 記録があったので間違いないと思うが四封さんで「炎のキン肉マン (串田アキラ/こおろぎ'73/Shines)」
 リバーさんだったかな?「WORLD END〈CODE GEASS Opening Mix〉( FLOW)」

 ちなみに漣さんとプロデューサーさんだけはオケの最中もアルコールだった。
 そのせいか。あるいは寝不足なのか寝ているプロデューサーさん(笑)

 プロデューサーさんはアーケードからのファンなのに何故か「微熱S.O.S!! (橋本みゆき)」を必ず歌う。まぁ歌に罪はないし。
 首領・吾郎君で「戦闘男児〜鍛えよ勝つために〜 (関智一)」
 こちらでも首領・吾郎君相手に東方流名乗りをやる東方さんだった(笑)

 贈り物さんで「マジンガーZ (水木一郎)」とあったから、過去の替え歌をやるのかと期待してしまった(笑)
 細田さんで「涙2(ナミダナミダ)〈LOVEヴァージョン〉《スゴオト》 (爆風スランプ)」
 もう僕が「少年よ」を歌ったからやらないと判断したらしく東方さんは「ELEMENTS (RIDER CHIPS Featuring Ricky)」
 漣さんだったかな。「電撃戦隊チェンジマン (KAGE)」
 個人的にはボーナストラックの五曲目。
 正直この人数で五曲目があるとは思わなかった。
 前日の開幕戦で試合終了後に歌えなかったので「闘魂こめて〜巨人軍の歌〜 (守屋浩/三鷹淳/若山彰)」
 わざわざユニフォーム持ち込んでいたし(笑)

 ラストは本当に久しぶりに「がんばってまけないで」井上喜久子さまっ
 あっとまんぼう会員にはこれは問答無用でラストナンバーだよなぁ。
 続けるならほっちゃん話もしないと(笑)

上野公園
05:30p.m

 元の場所に戻る一同。
 ちなみにある二人はおもちゃ屋に出向くつもりだったらしい(笑)

 戻って見るとたまさん。異国の植木君。蒼天翔さんがきていた。
 たまさん差し入れは本業のパン。さすがプロ。美味いです。ちくわパン。
 しかしそれではリアクションが不満だったらしい。

 今回はやや奥のほうのためか日が落ちると余計に暗く感じる。
 七時くらいで雨がぱらぱらと。
 いつでも撤収できるようにととりあえずゴミの処理を。
 しかし寒くなってきたこともあり何処かのお店にと。

 ここで遠方の人たちは帰途に。
 首領・吾郎君は夜行バスだったが金銭的に辛いということで別行動に。
 プロデューサーさんもふらつきつつ帰途に。

 最終的には六人で。
 上野界隈は店が満杯で御徒町駅まで歩いたところで断念。JRで秋葉原へ。

秋葉原・某居酒屋
07:45p.m

 さすがにここまで来れば問題なく入れる。
 しかしまた狭い部屋に。
 僕から左回りでたまさん。四封さん。カイザー。おーくさん。真魚さんというメンツ。

 店名伏せたのは態度の悪い店員がいたから。
 ある人物の語気が荒くなるほど。

 実はビールに縁がなかったのでここで初めて。
 改めて真魚さんのお誕生日に乾杯。
 お誕生日なのにいじりまくられる真魚さんであった。

 この日持ち込んだのは色々とあり。
 はくつるさんがきたら野球の話しをしようとデータブックも。
 何人かが「時刻表と間違えるんじゃ?」と(笑)
 ただの荷物と思いきや、ふとしたことからサヨナラ勝ちの率の話になり資料として役に(笑)

 また八時過ぎまでいたら野球見るために使うつもりだったワンセグ。
 音声は消していたがその場でかけていたらたまさんがじっくりと(笑)

 十時過ぎまでいたがさすがにちょっと疲れてきた。お開きに。

 この場所だと結構みんな交通の便がいい。
 みんなバラバラだが僕は四封さん。カイザーと共に帰途に。

 四封さんと会話。僕が夏コミに当選していたらそのときはと。

 後日談。
 翌日。夕方まで起きられなかった……アレー?
 そんなに飲んだっけぇ?


メイン掲示板へ

レポ・ルームへ

トップページへ