OMCギャラリー
〜Part7〜

OMCギャラリー6へ

「ダブルデートin電気街」

(第18話『ツール・ド・電気街』より)

和風洋風ダブルデート


実はもっと前に発注予定でした。
そのときはタイミングが悪くて頼めず。
ちなみにお正月あわせでした。着物と言うことで。

この公園はイメージした場所がありまして、
絵師さんに作画資料として写真を送るつもりで撮影に出向いたら
工事で半分つぶされてて閉口しました。

絵師・浅峰るかさん

「再会と邂逅」

(PanicPanic第31話『Mari』より)

母さん…これがアタイの友達だよ…

このときちょうど参太郎さんも酔生夢子さんも都合がつかず。
そんなときのためにと予てよりチェックしていた浅峰るかさんにお願いした一枚です。

この二人だったのはこのあとがシリーズ物だったので、ここで出さないと年内出番なしの二人でしたし(笑)
参太郎さん以外では初めての榊原と真理ですね。
(僕? 論外)
当たり前ですが印象が凄く違います。

お墓参りと言うシチュエーションだけにちょっと寂しげな印象が。

絵師・参太郎さん

「少女覚醒」

(第30話『本当の私』より)

少女の目覚め

みずき完全女性化シリーズの幕開けはやはりここ。
男なら芝居でもない限り言わない台詞。
 そして男なら胸を隠す必要もないのに…
女子としての生活が続いて女の要素が強くなってきたところに
男でいるのが辛くなる事件で少女として目覚めたその瞬間で。

赤星家勢ぞろいは初めて。
何しろ末っ子がずっとミステリアスだったので(笑)
やっとまともに登場しました。
絵師さんには
「女性読者が萌え死ぬようなかわいい男の子で」と注文しました(笑)

ちなみに薫くんの肌の色。
体は女のみずきと比べると若干ですが男の子っぽい色で。
細かい配慮に感謝です。

「少女妖艶」

(第32話「みずきの告白」より)

少年から少女へ。少女からオンナへ

女として暴走したみずき。
そしてその現場に居合わせた七瀬。
パニパニの中でもかなりシリアスなシーンかと。

 みずきの暴走は坂本と七瀬の仲を誤解して嫉妬したのと、その時のみずきの体の中での変化が原因。
 
背後の瞳の輝きのない、それでいて薄笑いのみずきが狂気を感じさせてイメージぴったりです。

『少女幸福』

(第34話『MerryXmas』より)

聖夜の奇跡

 上の二枚の『少女』とはみずきのことですがこれに関しては七瀬をさしてます。
まさに『地獄から天国』
ほぼみずきを女と扱い始めていたところへの「生還」で。満面の笑みを。
全国の独り者に(自分含む)ケンカ売ってますが(笑)いいイラストです。

最初の構想じゃ男としての意識を取り戻して
ドレス姿で坂本と七瀬の間に割って入る場面のつもりでしたが
やっぱり男の姿で行こうと思いこうなりました。

この年はこれをクリスマスシーズンにあわせるつもりだったので
十月からのシリーズになりました。

OMCギャラリー8へ

展示場へ

トップページへ