OMCギャラリー

〜Part13〜

Part12に戻る

絵師・浅峰るかさん

「こころ通じるとき」

(第31話「Mari」より)

十郎太と姫子。
上条と綾那に続いてそれぞれのカップル締めくくり。
第三弾は榊原と真理。
抱擁。手をつなぐときたので嬉し涙で。

幸薄い人生だった真理が
母親以外の人間の本気の愛を感じての涙。
それを上手く表現していただけてます。

絵師・かわはらひさぎさん

「女同士」

(PanicPanic if #1より)

こちらでは正真正銘の女同士

パラレルなエピソードでここでのみずきは
最初から女の子と言う設定です。
 だから「男に戻りたい」のではなく
「男の子になりたい」というのがこの服に込められた気持ち。
全て女性服ですがボーイッシュに。

ピアスなのはパラレルなのと
僕の中では未だに女性専用アイテムという印象があり
それでつけさせました。

発注の際に七瀬の服の色は指定しなくて
しかも未完成だったこともあり
サイトのURLも指定してない上に
初めての絵師さん。
それなのにイメージカラーのグリーンだったのに
驚きました。
(参照画像のURLから辿って読み込んだ上というなら大感謝ですが)

絵師・猫宮にゃおんさん

「最初から女だったらこんな人生?」

もしも最初から女だったら、こんな人生だったかも?

発表時に同時掲載のつもりでしたが猫宮さんがふさがっていたので待ってました。
だからこの位置にきてますが。

設定がみずきが最初から女だったらと言う話なので
女としての半生を。

猫宮さんは幼女も得意な方ですが
まさかここまで愛らしくなるとは想像すら出来ず。
 次は微妙な年代で。
大人の体へと変わりつつある時期。

本編にはなかった成人後の姿。
普通にOLとして。
髪は普通の女の人のように染めていたりします。
化粧も普通に。
待っているのは男性ということで
(さすがに設定はしてませんが)
最後は二度目の妊婦姿。
メガネにしたのは優しい雰囲気を出すためで。

こちらの世界では七瀬も別の男性と結婚しているんでしょうね。

絵師・陽崎杜萌子さん

「みずきの結論」

(第43話「Long Good-By」より)

男として恋人。女として友達。

実質的な最終話のラストシーン。
みずきが「女の自分」も受け入れ吹っ切れて
二年生としての第一歩を踏み出す場面です。

みずきだけでなく七瀬も髪が伸びて劇的変化。

さわやかな場面です。

絵師・参太郎さん

「祝福」

そして第二の人生に

大人になった瑞樹と七瀬。
幼い頃から一緒にいた二人が、永遠の愛を誓い合った
その祝福の日です。

その後二人がどうなったのかを描いたシリーズ。
恋の決着もこうして。

晴れやかな笑顔を見ていると
自分の子供が結婚するところを見る親の気持ちは
こんなものかなと思ったりしました。

「卒業の時」

エピローグ「WonderfulLife」より

PanicPanicのイラストはこれで一区切りです。
最後に相応しく卒業式の場面。
またこの頃に絵師の参太郎さんも多忙となり
参太郎さんの卒業ともなり感慨深い一枚です。

この場面の提案も参太郎さんで。
それに乗じて一番最後で同じイラストを
セピアになった写真のように加工を依頼したのですが
このように豪華なフラッシュで。

ポーズといい表情といいキャラを熟知した一枚です。
作品世界を愛してくれた絵師さんにめぐり合えたのは
きわめて幸運でした。


改めまして
参太郎さんにお礼申し上げます。

OMCギャラリー14へ

展示場へ

トップページへ