OMCギャラリー
〜Part36〜

Part35に戻る

絵師・ちはなえさん

「デート中突然の入れ替わり」

(「ベッタベタ」より)

デート中の入れ替わり。弟から姉に。

「ベッタベタ」ではかなりのインターバルを置いての
二枚目となりました。
絵師は前回と同じちはなえさん。
事情としては
『PLS』の絵師さんをお願いできないかと思い
その前に滞っているものを片付けようと。

相手役の村上キャプテンは
この入れ替わりを承知していて
肉体は優香理のほうが好みだが
龍太郎の魂が入った方が女性的で(笑)好みのため
意図して入れ替わりを引き起こし
それが成功したのでこの笑みと。

絵師・對馬有香さん

「衣装シャッフル」

普段と違う場所 普段と違う衣装

今回の告知イラストは對馬有香さんにお願いしました。
例によって原典と違いこのイラストではオタク娘で。
パラレルワールドを表すため、全員の衣装をシャッフルしました。
まりあ→詩穂理→なぎさ→美鈴→まりあとループして。
これは以前からやりたかったネタでした。
なおまりあと詩穂理はサークル参加。
その陣中見舞いに一般で来たのがなぎさと美鈴ということに。

絵師・ハセフーコさん

「少女たちは無残にも異形に堕した……」

(『戦乙女セーラvsPLS』前編より)

まりあ。詩穂理。なぎさ。美鈴……アマッドネスに。

クロスオーバー作品とはいえど
なんとPLSメインヒロイン四人がアマッドネス化。
完成してしまうと誰が誰だかわからないのと(笑)
この途中のほうが衝撃度は高いと思いここから。

例によってカテゴリーをバラバラ。
PLS主人公で「セーラ」側の主人公とも絡むことから
まりあはファルコンアマッドネスに近い鷹のそれに。
乳の大きさで(笑)牛の怪人となった詩穂理。
名前もあり水棲生物となったなぎさ。
鳥類。哺乳類。魚類と来て
怪人の定番である昆虫から
テントウムシの怪人になりかけている美鈴というわけで。

絵師・對馬有香さん

「魔から聖へ。奇跡の変身」

(「戦乙女セーラvsPLS」後編より)

魔から聖へ 愛の力が奇跡を起こす

ちょうど上の一枚と対になってます。
上が心の弱さに付け込まれて異形と化しているのに対し
邪悪な心を切り離して
しかも助けるために力を振るおうとした結果
まりあは天使。
美鈴は妖精。
なぎさは人魚。
詩穂理は鬼娘へと一時的になった場面です。

人ならざる者の強調で
金色の瞳と銀色の髪にしたのですが
これが思いのほか美しくて
依頼した僕自身驚いたものでした。

絵師・高天リオナさん

「産める体に」

(「湯の街奇談」第一話リライトバージョンより)

魔の湯の力で、子をなせる体へと

二枚目のイラストで主人公変身。
これ以上なくわかりやすい場面のため
ここになりました(笑)

性別だけ変わったので
まだ髪も短ければ胸も小さく。
それでも女性に変わったとわかるのも
一糸まとわぬ故で。

男性の裸身は本来の泉の姿で。

この後はほとんど女性の姿てすが
ここからさらに髪が伸び胸が膨らむので
頻繁に姿が変わることに。

OMCギャラリーPart37へ

展示場へ

トップページへ