PLSノート#10

「Fighting」

 サブヒロインの一人。和風の武人。芦谷あすか編。その葛藤はいかがでしか?

「リメイク」

 「PanicPanic」第5話「お店においでよ」と同じにメイドに扮する展開です。
 今回は男子メンバーは参加せず。
 していたら恭兵なんか客の女性に手を出しそうだな(笑)
 優介は優介で…

「芦谷あすか」

 PSゲーム。「トゥルー・ラブストーリー」とその続編の「2」それぞれに和風の武闘派キャラが。
 合気道と剣道で続くなら空手。男に対する対抗意識があるとイメージしてまして。
 それを具体的にしたのがこのキャラです。
 さらによりに寄って男に媚びるメイドも兼ねてフラストレーションが爆発寸前と。

 結局素直になったことで救われたとしましたが。
 ちょっとこまったのが構想中に「神のみぞ知るセカイ」と言うマンガにやはり葛藤を抱えた女子空手部部長が出てしまい。
 結局居直って…

「メイドのまりあたち」

 #5で大量の衣類を調達できるのは見せていたので服は問題なしで。
 カラーリングはそれぞれのイメージカラーで。

「イメージチェンジ」

 詩穂理の衣装をジャンパースカートからベストとロングスカートに。
 設定を途中で変えるのは避けなくてはいけませんが、こちらの方がしっくりきてしまい。
 ちょっとテスト的に書いて見ました。

「盗撮犯」

 最後に「男の腕力」を見せるために出てもらいました。
 都合よく強盗がくるのも変なので、むしろ美少女ウエイトレスを狙って寄って来たと言うことで盗撮で。

「男の主人公は誰だ?」

 今まで因縁で行けば恭兵でいくのが自然でしたが恭兵は美百合編で出ているけど大樹はまだ。
(アンナ編は不在。あえて言うなら裕生)
 また「気は優しくて力持ち」と言うキャラがあすかを翻意させるのに都合がよくてシフトして。
 これはスタート前には確定してました。
 どうやって恭兵から大樹へシフトするかは頭を使いましたが、恭兵はきっかけにとどめて。

「女子空手部員に対してのカミングアウト」

 これに関してはライブ感覚の賜物です(笑)
 彼女が変わったと言うのを見せるのに取った手法で。

第11話「あの夏を忘れない」製作秘話へ

PLS専用掲示板へ

城弾シアターウィキへ

PLSメインページへ

トップページへ