PLSノート#15

「Just One Victory」

 体育祭編です。「PanicPanic」とは違わせようと意識してましたがいかがだったでしょうか?

「ライブ感覚(笑)」

 通常は落ちから逆算して構成するケースも多いのですが、今回はハプニングがつきものの体育祭ということで、ほぼ行き当たりばったり。
 実は競技すら。
 ただし文化祭エピソードへのつなぎだけは忘れずにいました。それがラストのリレー。

「なぎさの独壇場」

 その設定上、強すぎるキャラですが、あえてハンデは与えず。
 ハンディはなんかお約束すぎると思って。

 また当初は出場が過ぎて、最後のリレーは二回は走れないと。
 それでなぎさの代わりに理子となるはずでしたが、詩穂理のリタイアが文化祭にもつながるのでそちらに。

「生徒会長の陰謀」

 こういうのがやりたくて#5「Maria Club」では瑠美奈に勝利させて。
 もちろん(?)職権乱用もありで(笑)

 なぎさとは別の形で大活躍の辻でしたが、最後はあえなく大樹にKO。
 また土師は何かに目覚めてしまったようです(笑)
 これもまたライブ感覚で。

「借り物競争のお題」

 ラブコメなのでもちろんそれぞれの相手と関係するようなものに。
 美鈴のレースでの調味料はむちゃくちゃでよかったかなと自負してます。
 そしてそれを持っていたりする大樹って(笑)

「嬌声」

 マッサージの時点では単なるエロネタ。
 けど後から「これで詩穂理が姿を消すとリレーでの代走につながる』と考えて当初の予定を変更。

「400メートルリレー」

 ここで理子が加わって、少しまりあたちと心の距離が近くなる…そんなつもりでしたけど、もともとメンバーに組み込まれていたのではあまり意味が…
 さりとて4チームで余りを補欠にするなら、間違いなく詩穂理や美鈴のほうが補欠に回る。
 いうべきことではないかと思いますが、失敗でした。

 代わりに理子が自分でも理解できてなかった『思い』を、おぼろげながら認識するきっかけに。

「バンド結成」

 13話「Tomorrow Made New」ではった伏線がまずここで生きる。
 そして文化祭のエピソードへとつながる。

「サブタイトル」

 TM Networkのアルバム。「CAROL」の終わりの曲より。
 これはアルバム自体が一つの物語になっていて、その大詰めの曲です。

第16話『Nervous』制作秘話

PLS専用掲示板へ

城弾シアターウィキへ

PLSメインページへ

トップページへ