PLSノート

第18話「A Day in The Girl’s Life」

 文化祭と修学旅行のインターミッション話です。ただ女の子が一日街で遊ぶだけの話ですが(笑)

「冬の装い」

 劇中で四月から始まったこの作品もこの話で11月となり、ちょっと早めですが冬らしい装いに。
 すっかり忘れていたというか(笑)ここまで使いどころのなかったまりあの「寒がり」という設定がここで生きて。
 最初は「海賊戦隊ゴーカイジャー」のアイムのようなガウンと思ったのですが、ピンクのポンチョが可愛いのではないかと思いそちらに。
 くしくも『裂車戦隊トッキュウジャー」のカグラのように(笑)

 反対にTシャツの上からブルゾンというそっけないなぎさ。
 でも彼女らしいかなと。
 季節がらパンツルックも制服の時のパンストも違和感なく。

「親睦会」

 名目がここに落ち着くまで二転三転して。

「回転ずし」

 元々は世間知らずのお嬢様たちを回転ずしに行かせたらともくろんでいたショートストーリーの予定。
 それを組み込んで。

 ちなみにハンバーグ寿司は食べたことないのですが、何をつけて食べるんでしょうね?(笑)

「ボウリング」

「PanicPanic」でしてますがあちらは直後に凄まじいバトルに。
 もちろんこちらはそんなことはなく(笑)

 ネタ的にむしろスポーツ万能ななぎさのほうが生かしきれず。
 ドジな理子。運動神経の「ない」詩穂理。体力のない美鈴のほうがネタが出やすかったです。

 本当は後から来た美百合とかも描けたらよかったんですが。

「プリクラ」

 女の子がゲームセンターでするならこれは外せないなと。
 シールが「友情の証」みたいに扱われるようですし。

「瑠美奈乱入」

 本当は「攻略対象」全員出すつもりでした。
 ボウリングで美百合とアンナ。ここで瑠美奈と。

 読み手の反応は分かりませんが、まりあとのいがみ合いは描いてて楽しかったです。

「伏線回収。未回収」

 回収したのは瑠美奈の取り巻き。土師拓也。
 体育祭の話で「芽生えた心」がここで。

 一方伏線張ったものの使わなかったのが詩穂理の腐女子化。
 本当はここで「別人のようになった」恵子を恭兵がナンパしているところに遭遇と。
 そしてやり取りの際に詩穂理が腐女子化していたと判明するはずでした。

 結局見送ったのですが「同性愛に偏見はなくなった」という形には。

「美愛くるみ」

 詩穂理のそっくりさん。
 本当は遭遇させるつもりでしたが、どう見ても不自然なので断念。

 当初はレンタルビデオ屋でのポスターで同じことをするつもりでした。
 しかしみんなで遊んでいるのにビデオ屋もないなと。
 仮にあってもどう「間違えたら」未成年の女の子がAVコーナーに行くのかと。

 それよりは書店のほうがすんなりいくのでこの形に。

「結婚式」

 もちろんラストの「夢」のために。仕込んだわけで。

 夢の中のそれは最初は式のシーンだけでしたが、もっと「女性として愛している」をアピールすべくお腹が大きいイメージと。

 これで「女として愛してしまった」と自覚した理子は、まりあの友情と板挟みになるのですが…その状態で修学旅行に。

「サブタイトル」

 アルバム・「CAROL」の最初の曲。
 こちらも「とある一日」という感じで。

PLS専用掲示板へ

城弾シアターウィキへ

PLSメインページへ

トップページへ