仮面ライダーワールド02
〜後楽園ゆうえんち…プリズムホール〜


 前年2001年に引き続き今年も後楽園ゆうえんちで『仮面ライダーワールド』が開催された。


 内容としては展示とアトラクション。物販である。当然ながら親子連ればかり。そんな中に野郎一人ではいるのは
『私はオタクです』と宣伝しているようなものだがこの際、気にしない(笑)

ベントカードでお出迎え。どうでもいいけど死んだライダーばかり(笑)

 さて。一応そのつもりでカメラ持参だったが撮影していたら怒られるかな…と考える。こう言う展示物はそう言うものだ。
どこかに『撮影OK』なり『NG』なり但し書きがないかとチケットや辺りを見まわす。
 ところが中に入ってすぐに
使い捨てカメラの自販機が撮影OKではなく『撮れ』ということらしい(笑)
 そりゃ目の前に憧れのヒーローたちがいるのだ。記念撮影だってしたいさ。でも親御さんの方が乗ってた気がする(笑)。
 そうだよな。最初のが昭和46年。そのころの子供たちはちょうどそのころの自分と同じ位の年代の子供を持っていてもおかしくない。

まずは現役ライダーから。龍騎(左)とナイト(右)→


 ところでライダーがいれば怪人もいる。ミラーワールドのモンスター達は演出で『鏡の向こう』にいるようになっているがこれが事のほか子供たちには怖かったらしい。小さい子になると本気で泣いてるし…
 でもねぇ…白状すると『ジャイアントロボ』の海獣(間違いじゃなくて本当に海にいた)によって人が溶けたシーンが正視できなかったからなぁ。製作者が見たら『ここまで怖がらせたか。よしよし』と北条スマイルを浮かべそう。

 龍騎のエリア『ミラーワールド』の次は前年までのヒーロー。アギトのトリニティワールド。ちなみにトリニティとは三位一体とか。
出動せよ。G3−X

真・仮面ライダーもいましたがこちらはアナザーアギト(笑)

←劇場版『ProjectG4』のG4

 そしてクウガの世界へ。

←TRCS2000 BTCS2000→


凄まじき戦士ことアルティメットフォーム↑。ちなみに前回はなぜかいなかった。

 この後は歴代ライダーの世界へ。各所にビデオが流されていて名場面や変身ポーズなどを見せている。

 世代を新しい方から逆行しているので最後が本郷猛になる。この辺になると親御さんも子供より夢中の気がする。わかるけどね。

 最後にライブアクション…ショーがあるのだ。前年のも見たが案外燃える。アンノウンの殺人に出動するG3.そして戦うギルスとアギト。だがアンノウンは謎の女幹部によってグロンギを味方につけていた。クウガが助けに入るが女幹部の前に大ピンチ。
だがそこに闇の中に光る目。1号ライダーの赤い目。V3の緑の目。これがこんなに格好いいとは思わなかった。そしてRXのキングストーンフラッシュ。サンライザーじゃなくサンバスクが光っていたがご愛嬌。あちこちに『仮面ライダーSpirits』の第1話のせりふをちりばめていたのもご愛嬌ということで…とにかく今回も見るつもりでいたのだ。
 が…すでに1時半のはアウトだから時間ずらしたのに三時のも15分前に満席になってしまった。凄まじき。龍騎人気。

 でも料金分楽しめるコーナーがあった。
 撮影用の小道具を展示してあったのだ。本当に使ったものらしくあちこち傷だらけ。

←氷川君は何度も押し間違えたらしく番号がすりきれてました(笑)
←幻のGA−04(アンタレス)テレビで使ったのは一度だけ。
クウガEpisode45『強敵』を彷彿とさせるコーナー。


 物販コーナーはさすがにレアなものはなく(前年はそこでアークルを手にしたけど)会場を後にしました。

 後日談。翌日8/17日。劇場版『仮面ライダー龍騎・Episode Final』をわざわざ第1話の舞台である渋谷で。それも初日の初回にみた中年男がいた(笑)

5号館へ

トップページへ