東北の新球団を見よう

05/6/8

JR上野駅。東北新幹線乗り場
01:54p.m

 プロ野球50年ぶりの新規参入球団。そして東北初のプロ野球チーム。
 東北楽天ゴールデンイーグルス。
 その試合がちょうど僕の仕事の合間にある。
 昼間の仕事をしていた後で翌二日は丸々休み。漠然と行こうかな…と考えていた。

 前日は職場での送別会。
 朝はやや遅めに起きてなんとなくネットしてて宿のチェック。予約成立!
 ちなみに楽天トラベルでチェック(笑) 出来すぎのようだが本当の話。
 以前に本厚木にライブを見に行ったときに、宿を押さえた時に利用したのでメールがたまに送られてきていた。

 唐突と言うよりずっと考えていてやっと決心が固まったと言うほうが正解。
 だからその後の行動は早い。
 即座に着替えて銀行で貯金を引き出し、そのまま新幹線の切符を。帰省シーズンでもないので楽勝でゲット。
 自由席でも問題なく。

 そしてこの時間。この場所でMaxやまびこ号を待っていた。
 上野に着いてから一番早い電車だったと言うだけ。

 二階建ての車両と言うことで喜んで二階に回るが、もともと高架なわけでそんなに目新しい体験でもなかった。
 むしろ一階の方が変わった視点だったかも。

 若干空腹を憶えたがせっかくだから到着してからとガマン。ところが時間を勘違いしていた。
 思っていたより三十分は遅い。さらに設定したチェックイン時間に余裕もない。
 車内販売…正確には車内の売店を利用した。
 下り電車だったが行き先である仙台の名物。牛タンの弁当が。
 実はこれ。温まる弁当。
 紐を引き抜くと発熱ユニットが弁当を温める仕組み。
 久しぶりに駅弁を食べたが最近はここまで…
 早くも牛タンを堪能することに。

JR仙台駅
03:48p.m

 新幹線到着。いきなりこのポスター。

 ホテルも球場も東口から。ところがこれがなかなか距離がある。時間はない。
 なのに東口の楽天オフィシャルショップでチケットを。
 晴れだから取れなくても観光と言う手はあるが、やはり確実に取っておきたい。

←これは翌日。つまり試合終了後の半券をホテルで撮影したもの。

 窓口で買うとデザインもそれなりだったが、どうもショップだとプレイボールまでは前売り扱いらしい。(500円安い)
 めったにこれない場所だから奮発してバックネット裏。
(と言うか地元の巨人戦が一番ネット裏取れないし…)

 一本道らしいがチェックインの時間も迫り(過ぎるとキャンセル扱いもありえたらしい)道もわからないので最初だけタクシーの世話に。
 一応チェックしたときにきちんと書いてはあったが、切羽詰っていたのでこの場は使う。
 ちょうど16:00に到着。メーターが上がらないほどの距離でした。
 ついでに運転手さんに球場への行き方をちゃっかりと確認。

ホテルパレス仙台
04:02p.m

 これで三回目くらいのネット予約。
 電話の代わりにネットでやるだけの話だがどうも慣れない。
 と言うか手元に予約票でもないと落ち着かないと言うか…
 その予約票代わりと思い控えていた予約番号だったが(正確にはPHSに転送されたものを保存していただけ)名前を告げただけですんだ。
 荷物はなかったが部屋の確認で一旦出向く。線路の傍のホテルの角部屋…

 一息入れて早速球場へ

 仙台駅で試合開始二時間前からシャトルバスが出ていると言う。
 電車だとちょっと中途半端な位置。
 どちらかとも思ったが、一直線とタクシーの運転手さんに聞いていたので歩いてみた。
 何しろいい天気。そしてピンと引き締まる空気。
 なんと言っても信じられないくらい道が広い。
 歩くのが気持ちよさそうだったのでいけるとこまで歩くことにした。

←ずっとこれがありました。

 案内があってフルスタ宮城までは2キロもない。しかも一直線。
 ちょうどいい散歩道であった。

 途中で三箇所くらいお寺が。
 仙台の歴史はわからないけど仏教が広まっていたのかなとも思う。

 それにしても空が広い。電信柱やそれに伴う電線がないからだろう。

 ひたすら歩くとぞろぞろとイーグルスのレプリカユニフォームに身を包んだファンたちが。
 そして球場が見えてきた。

 かなりの突貫だったはず。それにしちゃ結構見栄えが良い。
 ただぐるっと回ってみたらあちこちまだ工事中。
 本当の姿はこのオフにでも見られるのかもしれない。

 さすがに仙台と言うべきか、牛タンの屋台と言うか車が。
 美味しそうだったが、中でもいかと思いここではかわず。

 東北楽天と北海道日本ハムはメジャー式で三塁側がホーム。
 この日の交流戦の対戦相手。中日ドラゴンズは一塁側となる。
 日本ハム以外の相手と戦うときはホーム・ビジターを問わず一塁側が相手陣営。
 三塁側が楽天となるようだ。

←恐らく用具の運搬用のトラック。

 巨人ファンだし、一番近い球場が東京ドームでかなり久しぶりの屋根のない球場だった。
(もっとも神宮も遠くない形になるんですが)

 せっかくだからと取ったバックネット裏。
 一応楽天サイドだがほとんど真後ろ。
 しかもちょうど前が通路。つまり椅子がない。
 確かに「わざわざ東京から来た」がここまでのいい席が当たるとは夢にも思わなかった。
 観戦は楽だった。ある一部を除いて…


これがその座席から見える光景。↑

グラウンドに大きくせり出しているのが特徴。もちろん三塁側も。→

 とにかく見せることに重点を置いている。
 チアガールの楽天ANGELSやマスコットのクラッチ。クラーチーナが色々と。

 面白いのはスタメンキッズ。
 招待されたと思われる少年野球チームがそれぞれのポジションに散り、イーグルスナインを待ち受けると言うものだ。
 マウンド上の少年投手はそのまま始球式も務める。
 ドラゴンズのトップ。荒木選手の背中に行ってしまう。

フルキャストスタジアム宮城
06:00p.m

 中日・川上憲伸。楽天・浅井両投手の先発で定刻どおりスタート。
 不思議だったのが川上投手。半そでのアンダーシャツ。
「暑がりなんじゃ」と言うのは通用しない。
 ピッチャーの場合ボールを握った時の浮き上がる筋で球種がばれる。
 それを防ぐために通常は夏場でも長袖のアンダーシャツ着用が普通である。
 人によってはリストバンドでそれに対処しているが。
 だから意外に思った。
 ましてや肌寒いのである。

 関連することをもう一つ。
 皆さんはマウンド上に内野手が集合したのを見たことがあると思う。
 そして大抵口元を隠して会話している。最低でも一塁手は。
 これは昔だと唇の動きで会話を読める人がいたので(いわゆる読唇術)それの対策なのである。
 最近ではそんなスキルを持つコーチもいないのかもしれませんが…

 両軍三者凡退からの静かな立ち上がり。
 しかし二回裏に楽天の四番。山崎武司がヒットを打つと大盛り上がり。
 だがこれは五番トレーシーの併殺打で消える。
 それもつかの間。六番のロペスが一発叩き込んでボルテージがヒートアップ。

 ナイター観戦と言えばビールでしょ…と言うわけでもないけど、近くに着たので一杯買うことに。
 650円とドームよりだいぶ安い。
 ドームが高いかと思ったが、後にこの球場のビールが安い理由を痛感する。

 それは…寒いのである。
 もはや六月だからと多寡をくくっていた。
 事実、日中はちょうどよくて気持ちよかったほどで。
 ところが日が落ちるとかなり冷える。
 なまじ前に人がいないから余計に風が。
 またこの時の格好が下はズボン。上はランニング。Tシャツの上からジャケットと言う定番。
 くどいようだがあちこちのポケットに物を突っ込んでいたので手ぶら。
 つまり重ね着用の服などなかった。
 結局…弁当と一緒に熱燗も。いや美味かった。
 ついでに楽天のオフィシャルファンブックも。
 どうもあまり馴染みのない選手が多くて…

 試合のほうは六回に二点タイムリーで中日が逆転。
 球場全体でため息。その気持ち。よくわかる。

 だが七回には連打と犠牲フライで再び楽天がリード。
 圧倒的に負けが多いだけに、リードとなると盛り上がりも半端じゃない。

 七回終了。
 以前に出向いた福岡ドームではジェット風船を飛ばすのを承知していた感じだけど、こっちはむしろファンにやってもらっている感じかも知れない。
 入場者数は一万人強。その6〜7割が風船を飛ばしていた。

 八回に追いつかれたものの九回裏。
 巨人→近鉄→楽天となった吉岡雄二の初球狙いのタイムリーで球団史上初のさよならゲーム。
 たまたま東京から出向いてそんなゲームに当たるとはついている。

←夜のスタジアム。結構いい感じ。

球場前に立てかけてありました→

 どこでもそうだが贔屓チームが勝てば皆さんご機嫌。
 ぞろぞろと仙台駅へと歩く。僕もなんか小腹が空いたし、せっかくの仙台と言うことで何か美味しいものをと思ったがもう遅かった。
 駅前で会員制じゃないネットカフェを見つけたので、一時間ほどチェック。
 この時点でメールのやり取りやサイトのブラウザ。果ては電話と(電話機なんだが)AH−K3001Vはゲージ一本消費していた。
 それに細かいチェックなどもPCじゃないとわからないので。

 ところがここで一時間潰したために、途中で見つけた牛タンの店が閉まっていた。
 つい都内の感覚で深夜営業を見越してしまって…コンビニでおにぎり。
 ホテルでビールを買ってテレビ見ながら食す。

 ネカフェでコーヒー飲んでしまったからか?
 それとも慣れない「ベッド」だからか三時過ぎまで寝付けなかった…


6/9

ホテルパレス仙台
06:34a.m

 快晴。
 実は意外に晴れ男の僕である。
 外で食べるつもりだったので朝食はセットしてなかった。
 コーヒーだけもらい一服したらチェックアウト。
 もうすっかり憶えた仙台駅へ。

JR仙台駅
07:31a.m

 考えてみればこれは都内でも当たり前だが…8時前じゃファーストフードくらいしか…
 とりあえず喫茶店でモーニング。
 しかしこれが美味かった。オムレツの卵と言うか。
 地方はお冷からして違う気が…

 前夜に出向いたネカフェで再び。
 目的はチェックと観光地探し。
 何しろ唐突に思いついた旅行だし。フルスタ宮城以外はノーマークだった。
 漠然とお城に行きたいなぁとは思っていたが…

 ついいつものクセでくつろぎすぎて十時半近くまでいてしまった…

 バス乗り場に向かうがどうにも行き先でイメージ出来ない。
 ネットで見た限りこの西口をまっすぐ行くと仙台城跡。
 まぁ社員旅行で一度行ったことあるけど…そこを目指した。歩いて。

 ひたすら歩いて裁判所らしい場所に突き当たり。
 さらに進むと自然博物館といわれる場所に。
 どうやらこの川が歌にも歌われた広瀬川らしい。

 時間はある程度自由だったがさすがに疲れて、またこの川のせせらぎと小鳥の鳴き声でなんだかもう満足しちゃって。
 駅へと戻ることにした。
 その際には途中で見つけたバスで。
 この場合は仙台駅を目指せばいいので楽。

街ぐるみの応援

JR仙台駅前
11:45a.m

 せっかくだからお昼は仙台でと思いきょろきょろと。
 で、やっと見つけた牛タンの店。
 ちと値は張ったがこの際だからと食べて。
 若干寝不足と疲れがあり、新幹線の中で寝るつもりだったからビールも。
 どうせなら地酒とも思ったけど、お昼ご飯に地酒は重すぎるし。

 美味美味。

 駅構内で会社への土産を購入。楽天イーグルスクッキーだ(笑)
 僕がいかにシャレで行動しているかのいい証拠である。
 後はスポーツ誌も。
 このレポのために資料としての意味もあった。
(巨人勝っていたのでそれもだが)
 もっともどの新聞もサッカーのワールドカップが一面。
 まぁだから簡単にバックネット裏が取れるほど、座席に余裕があったのかもだが。

仙台駅新幹線ホーム
00:54p.m

 こんどはやまびこ号の自由席で。これもまったく問題なく座れて上野まで。
 この日は欲しいCDも出ていたがさすがにアキバには行かず自宅直行。

 ホテルとは雲泥の差の散らかった部屋。
 しかし最も落ち着ける空間に帰り着いたのは四時前だった。

 今回の突発旅行はタイミングが色々とよかった。
 帰省シーズンでもないし、ぎりぎり梅雨時でもないし。
 そして何より楽天初のさよならゲームに当たる幸運。

 四万飛んだけどそれに見合うだけ楽しんだ。
 次回はもうちょっと準備期間をおいて行こうかと思う。


二号館へ

トップページへ