新橋・春のオフ会

2002/3/17


新橋駅銀座口
10:40a.m


 何を勘違いしたのかそんな時間に到着してしまった僕であった。まぁ遅れるよりゃましだが…だがさすがは幹事。四封さんはすでに待ち構えていた。もっともいたのは彼だけだが。程なくして順次集まってきた。真魚さん。おーくさん。女神さまっの贈り物さん。そして東方不在さん。確かにメールの時点ではこのメンツだが…四封さんの電話が鳴る。後から参加表明をしたゼロさんだった。
 「ゼロさん昨日のダンパで疲れて寝坊したから遅れるそうです」
 「はぁ? こっちは痛めた足で正味2時間半くらいは動いていながらちゃんと来たのに」
 前日の3/16.後楽園ジオポリスでコスプフェスタ2002があったのだ。ゼロさんと参加してきたわけである。
 「研修がえりですし」
 言われて見ればそれがあった。むしろ時差ぼけが影響していても不思議はない。
 時間になる。もう『乱入』はない。移動開始…だが…


ジョン万次郎新橋店?
11:01a.m


 なんてこった!! 『いつもの店』がなくなっていた。さすがにこんな展開は予想外。とりあえず別の食べ放題が十一時半から営業しているらしい。すぐ側の『博品堂』で時間つぶしに走る。

←さらば。我等が本拠地(笑)よ

 真魚さんと僕はそこで『小道具』を調達していた(笑) ちなみに真魚さんはピコピコハンマーを買っていた。

 スーパーの中に入る。『こんな所を通る店というのも凄いな』と思っていたら…
突っ切っただけかぁーっ。
 裏手からその店に入る。入り口の前には透明の入れ物があり名刺を入れるようになっていた。だけどまさか
『あれ』いれるワケには行かないからねぇ…。

 店員に案内されて6人でテーブルを陣取る。思い思いに取って来てバカトークしながらブランチ。隅っこに詰めた形だったが変形の
隔離か?(笑)

 感想としては悪くない。メニューも豊富だし食べ放題にしては珍しくハーブティーが2種類おいてあったりするし値段も決して高くはない。ただ90分しかいられない。だから1時には店を出た。二次会からの合流者はゼロさんと呼んでおいた三戸森である。
 いつもの店だし2時半までの時間つぶしもないので前倒しでカラオケに移行。


カラオケ館・新橋東口店
01:10p.m


 新橋に来た時点で僕は手ぶらだった。というのは最悪その時点で四人しかいないというケースもあったのである。まして2週間前に銀座で四封さん主催で開かれた『耐久六時間カラオケ』で『小道具』は見せた相手のみ。そしてその小人数ゆえに突如として
『こちらもトークショーに出向いてしまいましょうか』なんてことになってもいいように手ぶらにしたのである。
 だから今回は記録まではしていない。記憶を頼りに書く。

←『仮面ライダー龍騎』OPではない(笑)

 しょっぱなから四封さんの「どか〜ん」炸裂。喉を暖めないで良くいきなり…。

 以前にもあった話だがオフ会が決まってからイベントが発表されていた。
今回は「ああっ 女神さまっ。ビジュアルイベント」の一環として我等がお姉ちゃんと松原監督のトークショーが秋葉原で組まれていた。そのせいだろうか? 今回の参加者のやたらな少なさは…そしておーくさんと真魚さんも本来の2次会の時点ではアキバへと出向いていたことになる。だから彼らは最初の1時間だけカラオケで時間つぶしと言うかお付き合いである。

 真魚さんは『Get Wild』歌う。この曲はけっこう歌う人が多い。『City Hunter』の主題歌なのに僕はこれでは芝居をしてないが…

 東方先生は信念の人である。かたくなに『戦隊もの』を歌いつづけていた。が…幕開けは『仮面ライダークウガ!』。前述の『耐久6時間』でも歌った替え歌だったが
 
『あ…また取られた…』と僕が呟いたせいで中止。もっとも替え歌のネタの相手が来ていない事の方が大きかったらしいが。
 後今回は彼も『小道具』を用意していた。こちらが手ぶらで悪いことしたかな。


 二人が離脱する前にと未完成だが僕は替え歌を披露…仕損じた。ひとつは中島みゆきの『あの娘』を。途中で女性の名前をずらずら並べる所を『喜久子 めぐみ 優子 葉子 みゆきち 由衣ちゃん』と女性声優の名前に置き換えてやろうとしたがさすがにリズムというかテンポが合わず失敗。練習も足りないし。ところで誰が誰だかわかります?
 次は松崎しげるで『愛のメモリー』。これも一番だけだがこっちはそれほど失敗ではないがどうも古い歌なので今一つだったようだ。

ここで離脱する正しいファンの図である。→

 入れ替わるように2時半くらいに三戸森とゼロさんが別々にやってきた。とりあえず紹介をしたが冷静に考えると年末オフで会っている筈。

 というわけで僕も本気モードに。久しぶりに東方先生との『東方流名乗り』入りで
『Flying in the Sky』とかゼロさんと『STORM』とか。
 そういや今回は二人でと言うのが多かった。特筆すべきはゼロさんと三戸森のデュオであろう。

 だがそれらはすべてかなたへ吹っ飛んだ。いや。それどころか本人のハイトーンの綺麗な歌声も吹っ飛んだ恐るべきナンバー。女神さまっの贈り物さんが名古屋で披露し笑いのどん底に叩き落したと言う
『ド根性ガエル』の替え歌である。
 ありさんのレポによりある程度は知っていたはずなのに腹を抱えて笑う僕達であった

 小道具と言う点では今回忘れてはいけないであろうこれである。
 hideyukiさんがいなくても誰かが歌う『みかんの歌』。今回は四封さん。さびの部分でこれを差し出した。受けた。


↑命の水だ


 回転が速いためさすがにまったりモードへ。だがそれでも歌い損ねた。時間ではなくて『流れ』である。本当はまたTMNのバラード「Nights of the Knife」を歌いたかったが熱血ロボット路線で突っ走っていたので入れられなかった。

 ラストは恒例。『がんばって負けないで』でまったりと締め。移動する。


新橋駅銀座口
05:55p.m


 ここからの合流組はたまさん。異国君。最近はひね吉さんや松崎さんも来ないのでちょっとさびしい。蒼天さん。hideyukiさん。それから戻ってきた真魚さんとおーくさん。合計12名で3次会会場へと出向く…が…

 さすがに人数が多くて入れなかった。これまたいつもの落ち着ける店。『甘太郎』へと変更。幸いにしてここは入れた上に大部屋に我等だけ。
専門用語で『隔離』というが(笑)。

←今回はこんな感じ

 ところで意外だったのは後から合流した組である。仕事であるたまさんはともかくトークショーに出向いていたのは真魚さんとおーくさんだけだったらしい。後の面子は諸事情というところか。てっきり秋葉原に流れたので今回は少ないと思っていたのだが…。

 なぜか話題になったのが『パンスト』の一件。本人の名誉のためにハンドルも変えておくことにする。今回は
『ツーショットカイザー』と呼ばせていただく(笑)(伏せてねーよ)
 多分(僕が出てないし)ありさんのレポは見てないであろう三戸森はその件は初めて聞いた形になる。当然の疑問を口にする。
 『久しぶりって…じゃあ以前はいつ履いたんです?』聞くよな…そりゃ…

 トークはいつも通りのリラックストーク(バカトークもちょっと語弊があるかな…)。実の所これがオフ会の醍醐味ではなかろうかとも思う。

 店員のお勧めに乗ったのが『アーリータイムズボトル半額』。言い出したのは三戸森だが僕と蒼天さん。そしてゼロさんが乗ったので頼んだ。
 「まぁちびぢびグラス頼むより安くつくだろう。余ると思うが」
 すいません。見こみ違いでした。見事に空きました。さすがに四人がかりじゃねぇ。二本目をオーダーするがさすがにこれは空かない。誰もボトルキープはしなかったがまぁ一本は呑み切ったんだからよしとするか。

 『幼女とりあつかい説明書』なる同人をじっくり見ている御仁もいた(汗…)

 よほど相性が良いのかまた2プラトンで人を嬲りにかかるマックコンビ。タブレットの件で攻められるがまだ見せるレベルではないので。

 ところでどう言うわけかウチ等以外は女性客のみ。で…見る人が見たらなんかのイベント帰りとわかったらしい。確かにユリカモメで一本だしね。

 あっという間に3時間。時間は切られていなかったが撤収。翌日が月曜ということでそのまま解散。

 これで僕の当初の予定であるイベント七連弾はファイナルのはずだった。だが追加で名古屋がその土曜に待っていた。

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ