2003年暮れオフ


2003/12/30


新橋駅・烏森口
02:04p.m


 大きな荷物を抱えてこの場所に立つ。間違えたのではない。有明からゆりかもめに乗って直行してきたのだ。
 大回りして無駄な印象があるのと、初期のころトラブルが多かったことからほとんど利用していなかったが、さすがに今回はこれがダイレクトなので使った。
 ちなみに荷物の中身はこれ。もちろんカラオケ用の小道具である。



あとはカイザギアがあれば完璧(笑)


 さて。ぎりぎりでもなんなので早めにしたが…さすがに早すぎた(笑) 有明では食事しなかったので、ここでラーメンを食べるがまだ三十分。
 ドトールでお茶して待つことにしたら三戸森からメールが。

 15分くらい前に銀座口で。そこで三戸森と合流。
 ちなみにZackさんにも声をかけたが来なかった。後でわかるが風邪でダウンしていたらしい。それじゃ無理だ。

 夢空間はくつるさん。真魚さん。女神さまっの贈り物さんと順次集まる。幹事であるおーくさんもやってきた。JoeZさんも。
 ところでやまだくん。こっちは不慣れなわけだが…試しに連絡してみたら烏森口だったようだ。たぶんゆりかもめだろう。
 電話で銀座口へと誘導するのだが上手い目印が思いつかない。ところが偶然に救急車が烏森口へと走る。
 
「やまだくん。その救急車の来た方向に来て。そこにいるから」
 前代未聞の案内だがちゃんと合流できたからよし。

 しかし今回は
四封さんがいない。あの替え歌マイスターがいない。盛り上がるのか? 一抹の不安が。だが
 「ひでゆきさんと細田さんは遅くなるそうです。ありさんは」
 何? あの人が来ると言うのか? 
これはマイナスを補って余りある展開に(笑)
 ところが飛び込み待ちもあって待っているが、ありさんが来ないので連絡してみたら『乗り遅れて一時間ほど遅れるので先にやってて』とのこと。


カラオケ館新橋東口店
03:15p.m


 銀座口には間に合わなかったものの、細田さんがカラオケ開始には間に合った。
 座席はおーくさんから時計回りで僕。三戸森。JoeZさん。細田さん。真魚さん。女神さまっの贈り物さん。夢空間はくつるさん。
 そしてなぜか内側でやまだくん。どうやら立ち上がるからの処置らしい。それとも人と向かい合いたいのか。

 一番手はそのやまだくん。今回は東方先生が来なくてちょっと寂しいのかも。歌はGガンから「戦闘男児」
 前回はイベントの時間の違いゆえにカラオケは同席ではなかったから、彼の歌声ははじめて聞くがかなりいい声をしている。声量もある。
 まさにドモン・カッシュ(笑)

 続いたのが僕。みんな序盤は入れたがらない。人のコーラスでのどを暖めるのか。
 歌はこれを教わった物さんに聞いて欲しくて「Reckress Fire」
 しかし途中で物さんのも聞きたくなってマイクを渡す。うん。さすがに物さんは上手い。

 3曲目は「999」劇場版のテーマ「The Galaxy Express999」で真魚さん。
 4曲目。細田さんが「Dancing Queen」
 5曲目。JoeZさんが「田園」で替え歌を歌っているときにありさん到着。

 6曲目がはくつるさんで「Wake UP」
 7曲目。「それが、愛でしょう」は物さん。

 8曲目。2003年の茂木忠のスタンダード。「JustiΦs」。
 しかしこの曲は前奏も感想も短いので、この場はデルタギア装着。
 
「すげーっ。デルタギア」
 そこまで喜んでくれるともって来た甲斐もあるよ。やまだくん。

 その後喜んでデルタギアを装着するやまだくんがいた(笑)



 9曲目は「雨のち晴れ」で細田さん。
 10曲目は三戸森で「手ごたえのない愛」。これはPSのゲーム。「Lの季節」のメインテーマ。大のお気に入りである。
 ところでこれをナビで検索していたらしい三戸森が、笑ってナビをこちらに向けて「間抜けな…」と突っ伏す。見てみると
 「
ごたえのない愛」
 そりゃ見つからんわ…

 男は帰ってきた。約束を果たすために。ありさんが歌うは物さんとのダブルタイフーン。アリ&モノで「Danger Zone」
 12曲目。JoeZさんで「Stilly Heavens」
 13曲目。真魚さんで「夢光年」

 14曲目。歌って悪いことはないけれど、あまりに渋くて甘い声とのギャップがあるのがおーくさんの
「キラリ☆セーラードリーム」
 実写版の主題歌だけど背景はランダム。しかし
「いなかっぺ大将」が出るくらいなら無関係の犬の映像の方がまだ。
 15曲目。物さんで「Still」
 16曲目。ネタかと身構えたが、そういうわけでもないはくつるさんの「みちのくひとり旅」

 やまだくんの「キングゲイナー・オーバー」で「King」の連呼の部分でみんなが腕を上下に(笑)
 僕も「コスプレフェスタ」でおなじみだったので一緒に。

 18曲目。「仮面ライダー555」挿入歌「Dead or Alive」は僕。
 これは前奏が長いのでここで劇中の再現。トランクからベルトを取り出し前から回して後ろでロック。そう改造した。
 その際のありさんかおーくさんのひとこと。
「小道具に金かかってんな」ごもっとも。
 この曲はクライマックスの戦闘シーンでかかるのである。だからライダーキック前のこのポーズも。


EXCEED CHARGE↑


 さらにはファイズブラスターを展開してブラスターモード。ブレードモードへと。
 とりあえずやまだくんが喜んでくれたのでよし。

 19曲目。細田さんで「Go West」
 本気でドリフターズかと思っちゃいましたが(サルにちなんで)
 20曲目はJoeZさんで「Still in the Groove」
 21曲目は真魚さんで「Get wild」

 実はうちわを持ってきていた。いや。ありさんが来ると知っていたら「白黒うちわ」だったのだが(笑)。
 「何で?(この時期に)」と三戸森に聞かれたがいつもどおり暑くなってきた。うちわが要るほどに。事実おーくさんに貸したら使っていた。
 で…多分「暑いからと」とフロントに言ったら今度は冷房に。さすがに止めてもらったが。

 しかしその寒さを吹き飛ばしたのがこの方。



 歌は「Power of Desire」

 おーくさんの「ILLUSION」は23曲目。
 細田さんいわく「時の人」の「THRILLER」が続く。
 別にすべてやまだくんにと言うわけではないが、盛り上げ狙いで「アバレンジャー」ED「We are the One〜僕らは一つ〜」
 さすがにやまだくんはバーミア兵のアレをやってくれていた。コーラスしてくれた皆さん。ありがとー。
 この年のコスプレフェスタの定番だった曲が『メリッサ』で歌ったのは贈り物さん。


最凶破壊兵器 炸裂


 ある参加者(笑)の歌う「みかんのうた」。しかし彼は小道具を持ってきていた。本来はお土産なのだが、そのために新幹線一本遅れたと。
 焼津で買ってきた
「こまん」小さい饅頭だから「こまん」のようだ。これ自体は美味しく頂いた。ありがとうございました。
 で…「みかん」と言う歌詞を「こまん」に差し替えていたのである。もちろん他も変えてあるが。
 本人はあくまで「僕は饅頭の歌を歌っただけですよ」と言い張るが
 
やばいっすよ。マジでやばいっすよ。承太郎さん!!
 腹を抱えて笑う一同。一部の人は涙流して笑っていたような。
 
これ以上はプロバイダーに怒られそうなので書けない。いや。マジで。
 聞きたい人は
静岡でオフがあったら、御本人に頼んでみるしかないだろう(笑)

 冷静に考えると「ウ○トラマンコス○ス」も切り方悪いと…

 物凄くやりにくそうなおーくさん。ネタだったんだが…「酒と涙と男と女」
 やまだくんで「エンジェル☆うっきー」はみ猫さんいなくてもGAで聞けたか。
 29曲目が細田さんで「The DISTANCE」
 ここでぎりぎりひでゆきさん到着。

 30曲目。JoeZさんで「明日へのbrilliant road」
 31曲目。はくつるさんで「北の旅人」
 32曲目。12月中に歌いたかったし、夜はなさそうだったから歌ってしまったのが「Still love Her」一つくらいはイロモノじゃないのもね。
 ラストになってしまったのが細田さんで「Can‘t take my eye’s off you」

 コミケ用に小銭を用意していたが百円玉が
一本丸々あまり、ここでおつりに使うと思いきやきっちり二千円ちょうどだった(笑)


新橋駅銀座口
05:54p.m


 二次会のために集合ポイントへ。ここからはゼロさん。k.1さん。りょういちさん。カイザー。ひね吉さん。



イタリアンバイキング「パパゲーノ」
06:14p.m


二次会の場所はここだった




 16人が入る。出入り口付近に大荷物がある。
 「なんでしょうねぇ」と笑いつつゼロさんが言う。ここも新橋。ゆりかもめで一本。
 キャリア…からころに積まれた荷物は推して知るべし。夏もそうだったな…

 きっちり16人分の椅子とテーブル。まだくるはずだが…
 悲惨なのがやまだくんである。壁際の椅子。しかも彼が一番奥だが左はふさがっているし右は僕。三戸森。カイザーといる。
 バイキングゆえに料理を取りに行くがそのたびに
リンボーダンスをする羽目に(笑)

 さらにたまさん。異国君と来たときは椅子がなく。でものるくんたちが来たときはテーブルが空き余裕が。

 ある時点で連絡をつけていたとある人が言う。
 「ダメ人間来ます」
 それで誰かわかるってのは…(汗)

 ある参加者いわく。
 
「(コミケで)BL系の本を買ってきまして」
 もしもし? そこの
男の子?
 引いてしまう面々相手に、むきになってはいないけど、力説する彼。
 僕も引いたが…冷静に考えれば
こっちだって性転換ネタだ。それにクリエイターなら興味の幅は広い方がいいか。
 実践はするなよといいたいが(笑) でも偏見を持たずに、理解しようとする姿勢は見習った方がよいかも。

 デザートの段になりアイスクリームを。真魚さんといっていたのが
 「どうせソフトクリームを出す機械があるならコーンにやってみたかった」


 旧交を温めたり、話の合う展開で進めたりとしているうちに二時間はあっという間に過ぎる。
 完全燃焼したのか、まだ飲むと言うつわものはいなかった。
 やまだくんやありさんにきちっと「よいお年を」と言えなかったのは残念だったが、その後やまだくんから年末の挨拶のメールが届いたので無事に帰ったのだろう。

 こうして、2003年のオフ会はすべて終了。2003年も楽しませていただいた。
 この場所が永く続きますように。

 後日談。
 やまだくんたちを楽しませてその役目を果たしたかファイズブラスター壊れました(笑)
 ぶつけたとかなら自業自得だけど、ボタンが利かなくなった。

二号館トップへ

トップページ(1号館)へ