のいちご7

2009/5/3

JR川崎駅
02:35p.m

 100年に一度の大不況。僕が努める会社は本来は祝日関係無しで仕事だが生産調整で社会人になってから初めて他の人同様に五月の大型連休を休んでいた。
 どうでもいいけどこの出だし。前にも書いた気が(笑)

 前置きが長くなったが休みになったので川崎の会場を目指していた。
 ただチケットは完売とサイトに。それこそ「悪あがき」で、そして一縷の望みという奴で出向いていた。
 前売りに手を出さなかったのは休業が入るかどうかわからなくて予約できなかったのである。
 もたもたしていたらソールドアウト。
 ダメ元なのは川崎の映画館での「電王&ディケイド」の上映時間のチェックが入っていたこと。
 そして「ベースボールヒーローズ2008制覇」をやるつもりでカードセットがポケットに入っていたのが雄弁に物語っていた。

川崎セルビアンナイト
03:03p.m

 一本道だがいろいろ迷ってこんな時間にたどり着く。
 既に列が。それをすり抜けて受付に。そして「当日券はありますか」と。
 係りの人は思案顔だったが一枚あったのを思い出して売ってくれた。4500円。前売りと変わらないらしい。

 拍子抜けするほどあっさりゲット。別に戦いたかったわけじゃないが(笑)
 今度は外に出る。列の最後尾と思ったが座席は確保した。
 あちこちにあるゲーセンに。けど特になくて入場。
 その際にくっきーさんと出会う。

 中に入り座席確認。L−06を探す。
 最後の一枚だし後ろのほうと思っていたがよくわからない。
 あれ。もしかして?
 そう思って壁際のスツールを見るとL−06と。これはいい場所だ。
 両隣がいないので窮屈ではないし、なんといっても壁から出たテーブルの存在が大きい。
 ライブハウスなので飲み物を飲むのだが置き場所も出来た。肘も乗せられる(笑)
 実際の話かなり楽。残り物に福がある典型。

 そのときはこんな楽なのも珍しいと思っていたが以前にはやはり飲み物は飲めるし(しかもケーキつき)。
 テーブルがあるので手も乗せられる「お菓子なティーパーティー」もあったっけ。忘れてた。

 くっきーさんと喋りながら時間を待つ。
 なにしろドリンクの列もずらりと長い。
 45分くらいでやっと短くなったので二人で取りに。
 くっきーさんはそのまま自分の座席を探しに。間もなく開演だし。
 その頃合に松崎さんが。後ろから声をかけたら驚いていた。ごめんなさい。
 そのあと贈り物さん。スミーさん。そしてたまさんが。
 僕がチケットを取れなかったのを知っていた面々は驚いた様子。

川崎セルビアンナイト・ライブホール
04:00p.m

 時間が来た。
 今回は三人だけ。まずはネコさんこと小笠原順子さんが自分のエレキピアノの場所に着席。
 そして喜久子さん。まるたまりさんがポジションに着くが…ご、黄金聖衣!?
 ネコさんはそれほどでもないが喜久子さんは金色のスカート。上から近い色のジャケット。
 まりさんは同色のジャケットとパンツ。中に着ているのはどう表現していいのか。ドレスのイメージだったが下はパンツだし。
 とにかく黄金色だった。
 騒然とする中で一曲目。「キン肉マンGo Fight!」
 この選曲も結構驚かされた。でも盛り上がる。

 終わったところでMC。
「皆さんこんにちわ。井上喜久子17でーす」
 以下ルーチンワークなので省略(笑)

 開催日が5/3でゴールデンウィークの真っ只中。だから金色の衣装だった。
 これはまりさんが高校卒業の時に友人に作ってもらったものとか。
 その衣装で卒業式に臨もうとしたら親に呼び止められた。
「あんたその衣装でスッピンはないでしょう」と。注意するポイント違う(笑)
 ちなみにちゃんとメイクして行ったとか。
 とにかくそのときのものを着用してきたと。よく高校時代のものが入るなぁ。
 女性の体形をよくしようとする執…向上心には敬服する。

 選曲の方は「キン」繋がりとか(笑)

 続いて二曲連続。
「ラムのラブソング」
「魔女っ子メグちゃん」


 合間で時計を確認するのはいいがおしゃれ時計で文字盤が小さいのでガン見している喜久子さん。
 一言言われる。
 結局見やすいタイムキーパーさんの時計を借りた。

 水分補給をさり気なくない形で(笑)
 でも話題にはしている。
 会場限定のカクテル。のいちご。これはアルコール入りなのだが、まぁ軽いから女の人でも大丈夫かな?
 ここで知る驚愕の事実。まりさんは下戸らしい。
 本人曰く。「こう言うがらっぱちな人ほど飲めなかったりするよね」と。
 オレンジジュースで酔っ払いに張り合えるハイテンションになれるという。

 カクテルがあるので乾杯に。しかし当方既に飲み終わっていた。
 エア乾杯(笑)

 曲は「創聖のアクエリオン」

 この日はテーブルがあったのでメモもとりやすかった。
 しかし結構ステージから見える位置と思うので「何やってんだろう?」なんて思われていたりして。
 ええ。こういうことでした。
 そのメモにここでは「時計の話」とあったが失念。
 先刻のおしゃれ時計がまりさんからもらったものという話だった気が。

 ここでまりさんがセンターに。入れ替わりに喜久子さんがキーボードに行くが両者とも普段見ない位置での光景を楽しんでいた(笑)
 曲はアニソンではなくジャズのスタンダード。「SentimentalJourney」
 念のためにいうが松本伊代さんが歌ったそれではない(笑)
 アニメロディライブがきっかけでジャズに興味を持ってくれたらいいなと。
 そしてその入り口としてこの曲を選曲。もちろん次にも繋がっている。
 「旅」をキーワードで繋がっている。
「The GalaxyExpress999」

 MCはまりさん。
「SentimentalJourney」の出足でSevenを繰り返したのは「午後七時」の意味と。
 英詩(だよな?)の意味を解説。
 そこからウルトラセブンに脱線(笑)
 「ウルトラセブンを語れる人」などと言われていたが呼ばれていたのか(笑)

 次の「愛おぼえていますか」の後で撮影タイムに。
「え? 撮影していいの?」と思いきやプロ相手だった。
 長丁場なんでいろいろ試したとか。ステージ上できちんと並んでの撮影は確かに珍しい。

 しかしいつも以上にやりたい放題だな(笑)

 ここでまりさんは着替えに。
 場繋ぎは喜久子さんのソロ。「星間飛行」
 ええ。ジャズアレンジでもなんでもなくて。ちゃんと振付けて歌ってました。
 ここが一番盛り上がっていたような(笑)

 その喜久子さんも着替えに。
 ネコさんはトークの後でオリジナル曲演奏を披露。タイトルは「空を飛ぶ少女」

 まりさんが戻ってきた。
 一転してあっさり。いちごの絵が描いてあるTシャツに赤いミニスカ。
 その衣装で自分の曲。「◎」(にじゅうまる)を歌う。
 これは猫の視点で見た自分というテーマ。

 戻ってきた喜久子さんはテニスウエア。
 一人二役で岡ひろみとお蝶夫人を演じていた。
 もちろん曲は「エースをねらえ」
 聞いていて(あれ?)と思ったらやはりウルトラマン(昭和)のイメージでアレンジとか。
 帰りマン…で通用するのは特撮ファンか当時小学生だった人間か(笑)
「帰ってきたウルトラマン」のイメージとか。
 どうせなら「ウルトラマンA」だと洒落が効いていたが。

 ここで喜久子さんが再び着替えに。テニスウエアがことのほか恥ずかしいらしい。
 上からエプロンを。胸元には「PIYOPIYO」の文字とひよこのイラスト。
「めぞん一刻」のヒロイン。音無響子のイメージ。
 ただしシンプルなものがなくフリルつきで「ここはかすみおねえちゃんのイメージで」と。
 僕としてはそっちの方が歓迎なんですが(笑)
 ここでまりさんの新しい衣装の背中を見せることに。
 そこには「裸で何が悪い」と。おいおいおいおいっ。
 何かやたらに多かった。その関係(笑)

 歌はいくつもあるナンバーの中からやはりメインである「悲しみよこんにちは」

 この後は「乙女のポリシー」「あくび娘」を連続で。
 そして仮想ラジオ番組。「おしゃべりストロベリー」と。
 アンケートの面白い回答をばく…紹介しようという企画であった。
 さすがにそこまで細かくは記録してなくてここはごめん。

 そのアンケートのリクエストに答えたのが次のナンバー。
「デリケートに好きして」
 そして「夢をかなえてドラえもん」。どうも新しいものらしい。

 サプライズゲスト登場。
 前回のは高橋美紀さんだったが今回は伊倉一恵さん。
 「CITY HUNTER」の槙村香でおなじみ。
 地声がほとんど香なのは驚いた。100トンハンマーがないのが寂しい(笑)

 なんでも見に来たかったものの完売と。裏技で関係者として歌えばOKとか(笑)
「お安い御用」と歌声を披露。「ひょっこりひょうたん島」
 改めて聞くと高揚してくるナンバーですな。
 その一曲で退場。

 いつの間にか時間も残り少なく。
「デビルマン組曲」にあわせてまりさんもデビルマリリンに。
 喜久子さんもカスタネットを。フラメンコのイメージ。
 むしろピンクレディーの「カルメン77」だな。フレーズもそうだし。

 いよいよ「最後のような曲」に(笑)
「エイトマン」で静かに幕引き。
 即座に掛かるアンコール。即座に出てくるワイルドストロベリーのお三方(笑)
 アンコールナンバーは再び「キン肉マンGo Fight!」
 ただしここはオールスタンディング。掛け合いもしていくことに。
 大盛況で今度こそ幕を閉じる。

セルビアンナイトの前
07:12p.m

 入り口そばだったこともあり僕はすぐにでれた。
 外でみんなを待つ。その間ワンセグで野球の状況確認。
 喜久子さんイベントのときは巨人・阪神(あるいは阪神・巨人)が行われるケースが多く、たいがいはタイガースの勝利になるのだった。
 それもあり確認を。
 ここでもくっきーさんと最初に合流。二人で野球をみていた(笑)
 やがてたまさん。物さん。松崎さん。スミーさんが。
 行こうとするがyossyさんを待とうと提案してその場で。
 程なくしてyossyさんは出てきたが都合が悪いらしく今回は遠慮と。
 それで移動開始となる。

居酒屋
07:32p.m

 地下だったのでワンセグがダメ。中継は諦めた。
 ちょうど六人で一杯の部屋に。入り口そばのくっきーさん。時計回りにスミーさん。松崎さん。たまさん。物さん。僕だった。

 改めて乾杯。
 ライブの様子を振り返る。

 そうしていたのは序盤だけで(笑)そのころのアニメの話とかいろんな話を。

 ネットで野球の状況を確認。大阪から来たスミーさんが阪神ファンかどうかを確認(笑)
 要するに巨人リードだったので。たまさんと物さん。くっきーさんがG党なのでしばしば状況を。

 楽しかったがいくら翌日も休みといえど遠方の人もいるのでお開きに。

JR川崎駅
09:34p.m

 うわ。一時間近くかけて帰るのか。
 行きは田端で乗り換えて快速だったけど。

 帰宅方向の関係で二手に。こちらの三人は京浜東北線。
 文字通り居酒屋トーク…そのまま続きを喋りながら帰宅する面々であった。

 さて。次の6/28もチケットを取り損ねていたが、場所が近場だし休みの日だし。
 また当日を狙って見るかな。

レポルームへ

コメントはこちらへ

トップページへ